スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Road to JBC Ⅲ

競馬ブログランキング!ココは面白い競馬ブログが盛りだくさん!

前回挙げた四大競争がJBCへの出走権が与えられると述べたが、それ以外にも『JBC指定競走』の優勝者にもJBC出走馬の選定対象となります。

今年の『Road to JBC』のキャッチフレーズは、『ここで勝つ。名古屋で魅せる。』です。そう、来る11月3日に今年は西日本で初めて名古屋競馬場で開催されます。その名古屋で魅せるために各競馬場でこれから熱い戦いが繰り広げられます。その第1弾が9月19日に盛岡競馬場で行われるダービーグランプリ(3歳限定)です。去年はパーソナルラッシュ、一昨年はユートピア、3年前はゴールドアリュールと毎年非常にレベルの高いレースですが、今年もメンバーが揃いました。
中央勢からはアグネスジェダイ、カネヒキリ、コンゴウリキシオー、サンライズバッカス、ドンクール、船橋からはカネヒキリ、シーチャリオットの2着とレベルの高いレースで連対しているメイプルエイトがいる。
注目のカネヒキリはここで勝てばユニコーンS、JDDと主要な3歳ダート戦をすべて制し3歳ダート三冠達成となる。そしてオーナーの金子氏と武豊騎手はディープインパクトと併せて、前人未踏の芝ダート6冠へ王手となる。

日本テレビ盃の中央出走馬カイトヒルウインド、サカラート、スターキングマン、ストロングブラッドそして船橋のアジュディミツオーとこちらも豪華。後アドマイヤドンが直接JBCへ。そこにシーチャリオットが加われば。。。想像しただけでワクワクしてきませんか?
スポンサーサイト
コメント

武豊騎手は小倉三冠も達成していますから、九冠のチャンスがあるってことですね。
すごすぎ(笑)

コメントの投稿


コメントを非公開にする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


9/23船橋10R日本テレビ盃(G2)

日本テレビ盃中心は○アジュディミツオーで応援は◎サカラート圧倒的なスピードの違いで押し切る!穴を開けるならこの距離だと伸びる▲カイトヒルウインドで△ナイキアディライトや☆スターキングマンの変わり身に期待で堅いレースが予想される!おすすめ・・・....


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。