スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神競馬場②

競馬ブログランキング!ココは面白い競馬ブログが盛りだくさん!

hansin01.jpg
前回は阪神競馬場の大まかな特徴について述べた。それでは今回は距離、枠順の観点から探っていきたいと思う。
このデータを完全に信用するのは危険だが、レース予想の際、数あるデータの中の一つの参考資料として利用するのが最適かと思われます。それでは距離別に主な傾向を書いてみよう。

1200㍍
スタートして間もなくコーナーにかかるコースだけにスピードある先行タイプの1、2着というケースが多い。3着になると反対に差し馬が圧倒してくるのがこの距離の特色と言えるだろう。
枠順は経済コースを走れるインが有利のように思えるが、意外なことに1着馬は外が圧倒的に有利。2着は反対に中、内枠がほぼ並びで優勢で外は大苦戦。3着になって再び外枠が巻き返し、内、中枠と続いている。

1400㍍
少しコーナーまでの距離が長くなる分、先行争いも落ち着くのか、1、2着馬は逃げ、先行馬が大勢を占めている。しかし、3着になると差しタイプが浮上。
枠順の方を見てみると、やはり1着馬は外が有利

1600㍍
スタートして最初のコーナーがきつい点がこの距離の大きな特色。明らかにこの距離は内枠有利で中枠が次。外枠は力がとび抜けた馬でないと苦しいか。脚質は、1着では先行タイプと差しが互角。2着は先行、3着は追い込み。

2000㍍
正面スタンド前、4コーナー寄りからのスタート。1コーナーまでの距離は325.3mと長いためスタートから揺ったりとしたペースで運ばれる。平均して成績がいいのは先行馬と差しタイプの馬。逃げ馬と追い込み馬は前述の脚質の馬には劣るもののまったく無視する事も危険と言える。
枠順による有利不利はさほどないが多少内枠有利か。

2200㍍
正面スタンド、4コーナー奥ポケットからのスタート。1コーナーまでの距離は525.3mと長いので枠順による不利は少ないが、距離損なく回れる内枠が多少有利。脚質からの狙いは先行、差し馬だが、人気薄逃げ馬の前残りにも注意。

2500㍍
コーナーの横に引き込まれたポケット地点からのスタート。中山の2500と似ているような感じが少しある。コーナー地点からということで計6回のカーブ通過、長距離でペースが落ち着くということから、1~3着のすべてに先行馬の活躍が多い。1着は差し馬もくい込んでいるが、2、3着は少ないのも一つの傾向と言えるかも。枠に関して言うと、内、中、外とほぼ平均して出ており、特に枠順にこだわる必要はないと言えそう。

3000㍍
差しタイプの馬の活躍が多い。それは差し、というより“まくり”気味に追い上げるといった感じだ。そのために逃げ馬には苦しい展開になるようだ。先行馬もそれなりに活躍はしているが、早目に差し馬が来るパターンが多く、決して楽とは言えない。追い込みタイプも2、3着にはそれなりにくい込みを見せている。枠順は関係ないと思える。

直線は352m。コースはA,B,Cとあるがコースの幅の違いでさほど気にする必要はないと思われる。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


中出し野外何でもアリアリ!!

セックスしたい!セックスしたい!セックスしたい!セックスしたい!したければすればいい!!出来るセックス間違い無し!!


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。