スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月~7月24日までの2歳馬MVP

6月18日に始まった2歳戦。これまで約60戦。まだまだ、来年のクラシック候補生は見えないが、素質馬達が評判通り勝利をおさめたり、短距離どころで今後も活躍してくれそうな馬もチラホラ出てきた。

あるホームページを参考にこれまでデビューした有力馬について、今後、要注目の馬について評価をして、6月から今までの有力馬MVPを勝手に決めました。

MVP アドマイヤカリブ(函館芝1200M8頭立て タイム1:09.9)
父サクラバクシンオー母ルビーマイディア母父ゴーンウエスト
極めて2歳馬離れした筋肉量を持つ大型馬でレース内容も非常に濃かった。例年より多少は時計の出る馬場ではあるが、この少頭数で同開催古馬500万下とコンマ4~7秒差の時計を叩き出したことは評価すべきで、このタイム自体が昨年の函館最高タイム(オープン勝ち馬のカズサフラワーが計時)を上回っている。
血統的に距離はマイルまでだろうが、短距離路線でなら相当期待して良いだろう。過去2年の勝ち馬と比較しても1秒以上速く、その2頭が両馬とも重賞を制していることから・・・目指すところはただ一つ(サラブレ参照)。
今後は8/7函館2歳S出走予定。調子に乗って札幌2歳Sも視野に。。。北海道の覇者になれるか!?
評価★★★★(五つ星が最高)

その他にも6月から現在までで、チアズガディスアドマイヤムーンマイネサンサンダイヤモンドヘッドなど楽しみな馬もいるが、タイム、勝ち方、インパクト、前評判など総評でアドマイヤカリブを選ばして頂きました。これからは毎週、土日のMVPを決めさしてもらいます。火曜、水曜ぐらいに。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。