スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラブレ8月号

今回のサラブレ8月号はなかなかよかった。特にディープインパクト好きには。
前半はほとんどがディープ情報。ディープの情報、強さの秘訣など、ありとあらゆる情報が色々な角度から検証され、最終的にディープは強い!!というもので少々飽きた感はあるが、そこはさすが1ヶ月に1回発売のサラブレ。

「見栄晴が語るユタカonディープ」

「名馬を知る男達が語るディープインパクト」

「世界のディープのライバル」

「馬まんが日記」(ディープ編)


等は読んでいてなかなかおもしろかった。なんか、やたらお洒落なディープのポスターも付いてたし。。。
DVDも全五戦をナレーションなしで淡々とレース映像を流したものではなく、しっかりナレーションも入り、合間合間に池江調教師や市川厩務員のインタビューを入れ、雑誌に付録のDVDにしてはなかなかレベルが高かったんではないかと思います。

サラブレ情報
シーザリオの母キロフプリミエールは父サドラーズウェルズの良血馬。輸入当初は毎年のようにサンデーを種付けされすごく期待されていた。
ところが00年9月3日のミレニアムダンサーの未勝利勝ち以降、産駒の中央馬としての勝利が4年以上も途絶えてしまった。一族が作り出した連敗はなんと50連敗
それを一族初の牝馬である(兄5頭)シーザリオがデビュー戦であっさりストップ。挙げ句の果てに日米オークス制覇。。。

彼女は産駒不振に喘いでいた母を救い、さらに初年度産駒の不振で評価を下げていた父スペシャルウィークも救った。さらにオークス制覇の一ヶ月後、それに触発されたのか半兄ミレニアムダンサーも5年ぶりの勝利、2勝目を挙げる。(34戦2勝)

彼女はまさしく救世主である。

今年、その彼女の半妹(父アドマイヤベガ)もデビューが控えている。ちなみにラインクラフトの妹(父フサイチソニック)もデビューする。濃い~濃い~血の争いを見せてください。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。