スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三強診断

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


朝日杯は間違いなく三強。他に伏兵は存在するだろうがまずはこいつらを診断しなければ話になりません。

***朝日FS三強診断***
ジャリスコライト  牡2  [美浦]藤沢和雄 [騎手]デサーモ
父:Fantastic Light母:Chancey Squaw母父:Chief's Crown
(戦績:2戦[2-0-0-0])
吉田和美

・・・父は欧州と米国の芝でトップに輝いた怪物君。母は国内外でGⅠ6勝のアグネスデジタルを産んだ名牝。そんな世界的良血馬の中から生まれたのがジャリスコライト。新馬戦は有力馬マイネルスケルツィを差しきり勝ち。その頃から徐々に評判になっていった馬だが、圧巻はいちょうS。2回の不利を物ともせず最後は2馬身半差の圧勝。上がりは33.3秒。レースの上がり3ハロンは11.3-11.2-11.3。この馬自身の上がり2ハロンは10秒台を刻んでいるのは明らか。もし不利がなかったら・・・あの掛かりの早いエンジンから中山でも走れるのは明白で、問題は道中のペースが速くなった時の対応力。シェルゲームよりかは断然上と思っていますが・・・


フサイチリシャール  牡2  [栗東]松田国英 [騎手]福永祐一
父:クロフネ母:フサイチエアデール母父:サンデーサイレンス
(戦績:4戦[3-0-0-1]) 
20051115150806.gif

・・・これまた良血。厩舎ゆかりの血統。クロフネを彷彿とさせるトビの大きなフォームとスピードの持続力で楽~に重賞を制した。レコードのおまけ付きで・・牧場でも怪我をしたことなく、調教を休んだ事もない丈夫な面は母に似た。松田国調教師曰く「今度は短い距離を使っている馬が出てくるので、控える競馬になるかもしれませんが、これまでのレース振りから問題ない。スピードは通用すると思うし、中山も合う。」とのこと。控えるとは信じ難いが、この馬が出走する限りスローはないでしょう。控えるにしても早め先頭で押し切る競馬が理想であると思います。父のように・・・一回でいいからダートで見たい。


ショウナンタキオン  牡2  [美浦]上原博之 [騎手]田中勝春
父:アグネスタキオン母:ショウナンマイラヴ母父:トニービン
(戦績:2戦[2-0-0-0]) 
国本哲秀

・・・絶好調、タキオン産駒の出世頭候補。特に新潟2歳Sでは重馬場でありながら新潟の長い直線を生かして最後方からごぼう抜き。5馬身差の圧勝。上がり時計は2位のニシノフジムスメと1.4秒差の33.9秒。かなり派手なパフォーマンスを見せつけたが、2戦を見る限り、器用なタイプではなく中山マイルは少し忙しすぎる。アグネスタキオン産駒と言うより母父であるトニービン産駒と思った方が良さそうです。カッチーこと田中勝春に13年振りのGⅠをプレゼントしてあげるのはこの舞台ではない!とふんでいます。休み明けもあるし・・・。
****************************

なんか、タキオン、クロフネ、ジャンポケの史上最強世代と被ります。

タキオン=ジャリスコ=正攻法で勝ちます。

クロフネ=リシャール=スピード持続力(親子)

ジャンポケ=ショウタキ=左回り限定(父:母父:トニービン)

どこまでこの図式が続くかは解りませんが今は2歳牡馬、熱いです・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。