スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神JF等回顧

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!



仕事が忙しくてまったくレース見れませんでした。。。テイエムプリキュラですか・・・。自分の馬診断を見返したら

2戦2勝と底を見せていないが、印象は薄い。前走のかえで賞は直線差し返しての勝利で勝負根性は持ち合わせているのだろうが、斬れる印象はなくGⅠの舞台で勝ち負けは正直厳しいと思います。

と書かれていた。本番でも斬れる印象はなかったらしいが、GⅠの舞台での勝ち負けでも全然通用してました。。。

シークレットコードは・・
能力的には間違いなく上位の器だが、阪神マイルは忙しすぎる。考えたら関西馬でデビュー戦東京遠征は何だったんでしょうか。この馬の適正を考えてと言うことなら何故に阪神JF・・・来たらそれこそ本物ですが、私は買いません。

との事。上位の器は正解したが、阪神マイルが忙しすぎる?私は買いません?俺、アホか・・・。日刊スポーツの記事で
並べば負けない自信があった。4コーナーをすぎて、すかさずパンドラと馬体を併せたのはそのためだった。14年前の91年、14番人気のダイユウサクで有馬記念を制して以来のG1勝ちだ。「ダイユウサク以来? もう忘れかけてたんで本当にうれしい」。自身3度目のG1制覇も8番人気の低評価。穴男が本領を発揮した。開業12年目の五十嵐師は、重賞初勝利がG1制覇という快挙を達成。「どう表現していいのか分からないよ」と、顔をくしゃくしゃにして笑った。

 普段のプリキュアは、周囲の馬が暴れても意に介さないほどおっとりしている。五十嵐厩舎はディープインパクトがいる池江泰郎厩舎の2つ隣。池江厩舎付近にカメラマンが押し寄せていた時期も、暴れるどころか首を伸ばしてその風景をジーッと見ていた。そんなのんびりした馬だが、レースではガラリ一変。「前に馬がいると抜こうとする。勝負強さを生かせた」。戦歴2戦2勝コンビの息は、ぴったりだった。

こういう勝負強い馬嫌いじゃありません。ディープインパクトがいる2つ隣の池江泰郎厩舎にカメラマンが押し寄せる様子をジーっと見ていたのんびり屋さん。しかしレースでは底知れない勝負根性・・・なんて愛着湧く馬なんですか!無敗でガツガツ勝っていくタイプではないと思うが、ちょっと応援してみよかな・・・。

そして同じ日の6R新馬で有力サンデー産駒勝ってましたね。時計は新馬特有の超スローで、上がりも微妙。しかし・・

サンデー産駒+池江+豊-金子+社台

期待しときましょう。。
スポンサーサイト
コメント

暖かいほうがいいよね!寒すぎるでしょ。
ネットの中は熱いぐらいなのに!

コメントの投稿


コメントを非公開にする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


阪神ジュブナイルフィリーズ回顧 テイエムプリキュア無傷の?!!

阪神ジュブナイルフィリーズの予想回顧 残念!! テイエムプリキュア気になりつつも結局手がでなかった。 正直将来性を感じさせる血統とは感じない。 でも、今までの歴史からいって、このレースはGIぽくない馬が 度々きているのも事実で、血統だけで軽視はまずかっ


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。