スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JDC出走馬診断その1

ランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


いやー、シーチャリオット負けましたねぇ・・出負けして、道中引っ掛かりぱなし、かなりのプラス体重。骨折休養明け、最年少、斤量最重ですし・・見なかったことにします・・・

さあ、JCD出走有力馬を診断し、週末の予想に役立てたいと思います。まずは4頭。

***JCD 有力馬診断 その一***
№1,アジュディミツオー 牡4  [地方]川島正行 [鞍上]内田博幸 
父:アジュディケーティング母:オリミツキネン母父:ジャッジアンジェルーチ
(中央戦績:1戦[0-0-0-1]地方戦績:10戦[5-2-2-1])
内田博幸
・・・ドバイ以外は4着以下はない堅実派。コテコテのダート血統だけにスタートがダートに変わる点は大きいかも。前走は初東京で斤量は最重量の59㌔。馬体重も532㌔と過去最高だった。それでも4着に粘り混んだのは自力のある証拠。距離延長もマイナスにはならないし、鞍上も信頼がおける。人気も下がる今回消す理由は見つからない。


№2,カネヒキリ 牡3  [栗東]角居勝彦 [鞍上]武豊
父:フジキセキ母:ライフアウトゼア母父:Deputy Minister
(中央戦績:8戦[4-1-0-3]地方戦績:2戦[2-0-0-0])
金子真人
・・・前走ダート初黒星の理由ははっきりしている。芝スタートで大きく出遅れ、追い込みに徹しての2着。同斤量のヒシアトラスを完封しているし、1着馬とは3㌔も斤量差があったことを考えると逆転は充分考えれる。今回は本来の「好位差し」から先行抜け出しの競馬をすれば、古馬、世界の強豪にも引けを取らないと考える。っていうか個人的に勝ってほしい・・


№3,サカラート 牡5  [栗東]石坂正 [鞍上]デットーリ
父:アフリート母:スカーレットレディ母父:サンデーサイレンス
(中央戦績:21戦[6-4-1-10]地方戦績:3戦[2-0-0-1])
サンデーレーシング
・・・前走は道中ずっと引っ掛かりどおしで競馬にならなかった。力のいるJCDを前にダメージを残さなかったのは大きい。加えて鞍上は3年前にイーグルカフェを勝利に導いたデットーリ。ベストは1800M辺りだが、自在性のある脚質で距離も東海S2300Mで圧勝していることからも大丈夫ではないかと考える。人気になるだろうが簡単に消し!と言うわけにはいきません。


№4,サンライズバッカス 牡3  [栗東]音無秀孝 [鞍上]佐藤哲三
父:ヘネシー母:リアルサファイヤ母父:リアルシャダイ
(中央戦績:9戦[5-0-0-4]地方戦績:1戦[0-1-0-0])
松岡隆雄
・・・前走、出遅れながらも直線キチッと伸びて快勝。カネヒキリのさらなる出遅れ、斤量面からも助けられた感は強いが、それでも古馬を完封。もちろん強いことは確かだと思うが、今回は距離が伸びて斤量も増える。東京2100Mも走れない距離ではないだろうが今回は相手が強すぎるので外そうと考えています・・・個人的期待度は2位ですが・・・

続く・・・

ランキング50位です。みなさんのワンクリックが命です。。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Japan Cup Dirt(G1)激走の系譜

G1ウィークの恒例企画「激走の系譜」のジャパンカップダート(G1)編。このG1、今年で設立6年目とまだ歴史は浅いのだが、既に2頭の単勝10番人気以下の馬が馬券に絡んでいる。さて、どんな経緯で人気薄に、そしてなぜ激走できたのか、を探ってみたい。...


南関東二冠馬復帰

私はこの日を待ち侘びていた。 思えばこの馬を初めて観たのもこの季節だった。 一年前、何となく訪れた船橋競馬場。 その日のメインは2歳重賞。 人気を集めていたのはここが2戦目の馬だった。 ドバイ生まれの良血馬。 新馬戦を逃げて圧勝。 期待されて人気だがここは試金


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。