スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回 馬診断

ランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


今年のJCDは凄いレベル。豪華メンバーが揃った。その中でも1番人気が予想されるカネヒキリについて診断してみました。

***第4回 馬診断 3歳牡馬編***
カネヒキリ 牡3  [栗東]角居勝彦
父:フジキセキ母:ライフアウトゼア母父:Deputy Minister
(中央戦績:8戦[4-1-0-3]地方戦績:2戦[2-0-0-0])
金子真人

■プロフィール
・・・2002/02/26ノーザンファーム生まれ。馬主はお馴染み金子真人ホールディングス。カネヒキリとは、Kane Hekiliと書き、ハワイの雷を司る神の名前との事。馬名のセンスはかなり自分好み。父は4戦4勝と無敗のまま引退したフジキセキ。 母ライフアウトゼアは米産で不出走。兄に中央で7戦3勝、おそらく地方競馬でまだ現役だと思われるナインティプルーフがいる。半弟・妹にアドマイヤベガ産駒が2頭いる。母ライフアウトゼア は、アメリカで2戦2勝のまま引退しコンスタントにダートで走る産駒を輩出しているシルヴァーデピュティー(牡)の全妹。ダート適正は、この母系の影響が大きいと思われる。父フジキセキは最近ノリノリですね。特に2歳馬で・・

■この馬の適正
・・・適正距離はダート1600M~2000M。ベストはおそらく2000Mぐらいだと思われますが、あってないようなもの。短すぎじゃなかったらいいんじゃないでしょうか。何せ砂のディープインパクトですから・・コースの適正も特になし。すべて走る。て言うか東京で2Rした以外すべて違う競馬場で好走している。脚質的に王道の「好位差し」ですし、瞬発力も長い足もすべて持っている感じ。欲を言えばJDCでは上がり35秒台がほしい。もし出せればクロフネ級。馬体重は今の所500㌔~508㌔辺りまでが良いと思われます。

■その他のデータ
・・・武蔵野S2着後の角井調教師のコメント「スタート時点で滑ってしまい、後手に回ってしまいましたからね。それでも後ろからの競馬が出来たし、直線はよく伸びていた。古馬が相手だったことを考慮すれば、収穫は多かったと思います。JCDはスタート地点がダートだし、状態もいいですからね。後は他馬との力関係だけだと思います。」とのこと。おそらく1番人気になるであろうカネヒキリ。JCD1番人気馬は前4回で連対率75㌫と圧勝してる。しかも関西馬と言うのも連対率トップ。さらに脚質も先行が圧倒的。前走、武蔵野Sも相性がいいし、不安は3歳馬である、人気先行型である、と言うことぐらいか。

■感想
・・・いや~、誉めることしかないですねぇ。。前走、武蔵野Sはダート初黒星を喫したが、まったく悲観する内容じゃなかったですもんね。っていうか改めてこの馬の強さが際だった一戦だったのではないでしょうか・・確かにサンライズバッカスも相当強かったが、同年齢で斤量差3㌔もあったし。上がりは同タイムだが、この2頭がダントツ。3番目の馬に0.9差付けている。
ライバルと目されるシーチャリオットは11月23日(水)京成盃で復活を懸けて出走しますが、お互い勝って東京大賞典で・・・見たいですね~。その時はサンライズバッカスもいっしょに。。。後、トラストジュゲムも。ラパルースベイも・・・。まずは誰か・・こいつの近況を教えてくれ!!

ランキング60位です。みなさんのワンクリックが命です。。
スポンサーサイト
コメント

ラパルースベイって屈腱炎になったって本当??

コメントの投稿


コメントを非公開にする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


児玉助手の口調が一変!

流れが肝心だが好感触! ジャパンC予想ランキング


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。