スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山競馬場②

競馬ブログランキング!ココは面白い競馬ブログが盛りだくさん!


この写真は中山競馬場。競馬以外にも競馬ファンの方々が楽しめるような馬にまつわるイベント、また、ご家族連れで楽しめるファミリー向けのイベント「ファミリーデー」などのイベントが行われています。そのイベントの中でも毎年中山の春開催に行われる「中山チャリティイベント」はジョッキーの方々も精力的にイベントに参加するため、非常に内容の濃いものとなっています。実際、私は行ったことありませんが。。
今回はこの中山競馬場を距離別に探っていくことにする。

1200m(外回り)
最初のコーナーまでが直線に近いコース形態という事で、あまり枠順の差はないと思えるが、数字の上では内(1~3枠)の馬の1着馬が多く出ている。これは特にダッシュ力ある内目の逃げ、先行馬がインの経済コースを走れることと、馬場が悪化する前に集中して好結果を出している点に帰因していると思われる。脚質では逃げ、先行馬が断然有利。
1600m(外回り)
2コーナーまでの距離は239.8m。スタートしてから間もなく2コーナーを回るので前に行きたい逃げ、先行馬の外枠は距離損の覚悟。脚質では先行、差し馬が狙いとなるが、逃げ馬の前残りにも要注意。
1800m(内回り)
正面スタンド前、ゴール前の急坂手前からのスタート、1コーナーまでの距離は204.9m。4つのコーナーと中山名物の急坂を2度走る為、時計のかかる決着になりやすい。枠順ではコースロスなく運べる分内枠が有利。脚質からの狙いは逃げ、先行馬も、差し馬にもチャンスは十分にある。
2000m(内回り)
正面スタンド前4コーナー直線入り口からのスタート、1コーナーまでの距離は404.9m。1800m戦と同様に4つのコーナーと、2度の急坂を走るため、スタミナが要求される。枠順ではスタートからの直線が長いので、外目の方が内各馬の出方を見れるので多少有利。脚質では逃げ、先行馬が好成績を収めている。
2200m(外回り)
2000mとスターチ地点はほぼ同じだが、こちらは外回りコースを使用、1コーナーまでの距離は432.3m。スタート後すぐに急坂を上がることからペースはすぐに落ち着く。枠順では内各馬の出方を見れる外枠が多少有利。脚質からの狙いは先行、差し馬。
2500m(内回り)
回り、向こう正面3コーナー手前がスタート地点、3コーナーまでの距離は192.0m。スタートして間もなくコーナーに入るのでペースは落ち着く。距離も長く枠順からの有利不利は深く気にする必要は無いが、多頭数の外枠だと距離損を覚悟。脚質では先行、差し馬が狙いで、直線一気の追い込み馬には厳しいコースだ。
3600m(内回り)
正面スタンド前からのスタート、1コーナーまでの距離は337.7m、内回りコースを2周する日本一の長距離コース。距離が距離だけに枠順による有利不利は無く、馬のスタミナとジョッキーの腕が勝敗を左右する。脚質では先行、差し馬が抜群の成績を残し、逃げ、追い込みタイプの馬は苦戦が続いている。

以上!!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


中央競馬攻略シリーズ第2弾 中山競馬場~芝編~

昨日の阪神に引き続き、今日は中山競馬場を攻略します。 ?     芝1200メートル下り坂の途中からスタートする。坂を下るとそのまま4コーナーに突入して直線中盤まで平坦で最後に150メートルほど急坂を登ってゴール。 下り坂...


『中山競馬場』ガイド

中山競馬場中山競馬場(なかやまけいばじょう)は、千葉県船橋市(一部市川市)にある中央競馬の為の競馬場である。施行者ならびに管理者は日本中央競馬会である。「中山」の由来は1919年(大正8年)現在の地(よりやや南)に開設した当時の住所が千葉県葛飾郡中山町と葛飾村だ


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。