スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の日記

11月の日記です。一応残しておこうかと・・・・・・・。


11月26日。
大阪ほんわかテレビを見ていたらなんとも魅力的な店が紹介されていました。その名は時代屋。歴史図書専門の店ですがオリジナルグッズも販売しているという。さっそくホームページへアクセスし買っちゃいましたよ。戦国武将メールブロッカー「真田幸村」。 歴史好きなら誰もが崇拝する戦国末期に活躍した武将。雑賀孫一なんかも渋いと思いましたがデザインで決定。ところでこのメールブロッカー俺の携帯に合うの?なんせ初めて買ったもんで。。

11月22日。
今日は4回目の結婚記念日。寿司でも喰らいに行くかと予定していたが、わが娘の初めての発熱でオジャン。でも咳き込んで辛そうな娘の顔をジッと見ていると変わってやりたくてしょうがない。それぐらいこっちも辛い。「早く元気になってくれい!お父さんは待ってるぞ、お前の元気な顔と寿司を........。今日は以上。

11月20日。
今日は4ヶ月になる娘が初めての発熱。38.5度。ちなみに臨床的に発熱とは37.5℃以上のものを指しそれ以前を微熱37.5℃~38.5℃を中程度の発熱、38.5℃以上になると高熱と判断されています。ちなみに俺の平熱は35.5℃。37.4℃が微熱やと!?充分しんどいっちゅうねん!て言うか家の娘高熱やん。早く寝よう......。

11月18日。
最近すっかりご無沙汰のPOG。去年の今頃は大好きなファンタスティックライト産駒ジャリスコライトの話題で持ちきりでしたね。代表産駒は重賞勝ちでジャリスコぐらい。。。後はすみれS(OP)勝ちのナイアガラぐらいか.......。今年こそはと思い調べてみるとまだ1頭もデビューしてないじゃないですか!?現在の2歳馬限定サイアー勝ち星ランキングを見てみると、な、何とタキオン、ダンス、スペシャル......。サンデー系ばっかりじゃないですか。こうなったら米三冠ファミリーの超良血マチカネキンノホシ産駒に期待するしかない!?「きんのほし」て。ないな...。

11月16日。
今日、関西で10チャン朝10時から放送している「なるトモ」で陣内が藤原紀香とのなれそめを少し話していたが、そんなことより気になったのは後ろに映っていた綺麗なお姉さん。ゲストの渡辺美奈代。綺麗綺麗。足も綺麗.....。1969年生まれと言えば37歳ぐらい。この年齢であの容姿は10点中9点のレベルに達しますねぇ。おニャン子クラブ会員番号29番。29番は今日から俺のラッキーナンバーと認定しました........。

11月15日。
本田曰く「引退は選択肢のひとつだが、まだ決めたわけじゃない。お世話になっている西浦先生にも相談していないから。カワカミプリンセスに来年も乗りたい気持ちはある」とコメント……。どうせならカワカミが現役全うするまで付き合ったれぃ!いきなり話が変わるが今日嫁の歯医者に付き合ったら受付のお姉さんが綺麗、綺麗...。女優の伊藤裕子に似てたな...。歳は30過ぎかなぁ。10点満点中9点なり。

11月14日。
メジロマックイーンの天皇賞以来のGIでの1着降着事件。15年前のこのアクシデントの際にプレジデントシチーに騎乗して落馬寸前の不利をモロに受けたのが、なんと本田騎手。因果はめぐると言いますが・・・引退はするな。引退するならせめて有馬でカワカミでリベンジ、そして最初で最後のディープへの挑戦を!叶わぬ夢か・・・。

11月12日。
いや~。歴史に残るレースでしたね。カワカミの降着によりさらにみなさんの記憶に残るんじゃないでしょうか。って自分はどちらにしてもアウトだったんで言えるんですが・・・。でもカワカミの強さは本物でした。57秒台のシェルズレイの逃げも何のその。自ら動いて最速タイムを叩き出しました。今後が非常に楽しみです
(追伸)今、パトロールビデオ見たけどあれはしゃーないわ。素人の僕でも解ります。本田も「俺の責任」と・・・

11月10日。
今日、僕のお気に入りにもある「うまうまライフ」を読んでたけど相変わらず凄い分析力ですねぇ。エリ女傾向と対策4なんて「な・る・ほ・ど~。」って脱帽状態。恐れ入りましたと自信を持って白旗を振れます。Yahoo!Japanに掲載される器です。データ派の方は参考に。。

11月8日。
明日は仕事。あ~憂鬱。。ところで昨日夜11寺30分ぐらいに「女がグッと来る曲ベストテン」なる物が放送されていた。1位はドリカムの「未来予想図Ⅱ」。当然の結果か。。ちなみに俺の聞かせたい曲1位はハイローズの「千年メダル」。女もグッと来ると思うねんけど。。

11月7日。
今日は物凄く寒かった。木枯らし1号が吹いたらしい。木枯らし1号!? 「西高東低の冬型の気圧配置になったとき、北よりの風速8メートル以上の風が吹くと、その風を(木枯らし)と認定する。そして毎秋最初の木枯らしを木枯らし一号(こがらしいちごう)として発表する。」らしいっすよ。以上
スポンサーサイト

阪神JF2


アストンマーチャン.......ええ名前やね.........。由来は「高級GTカーメーカーのアストンマーチンを人名愛称でもじった。」と。もじったってマーチャンの部分ですね?人名愛称とは馬主の戸佐眞弓(とさまゆみ)さんの下の名前のことかな。この戸佐眞弓さんは女性医師且つまゆみクリニック院長。主に形成外科・皮膚科の部門で活躍されているそうです。現在持ち馬はマーチャンとアンビリーバブルと言うセン馬。アンビリーバブルは大井からの逆輸入馬で取り立ててコメントもないのですが1頭目(マーチャン)の所有でここまでの馬に巡り会えるのは相当な運の持ち主。アンビリーバブルと言う馬名がイマイチな分、3頭目の所有馬に注目してみようと思います。

さてそのアストンマーチャン。今週の圧倒的1番人気が予想されますが、1ハロンの延長とNEW阪神競馬場が取り捨ての鍵になりそうですが・・・こればっかりは終わってみないと解りません。父アドマイヤコジーンも初年度産駒ですから。ただ父だけで考えると距離は持ちそうな気もするんですが。朝日杯と安田記念、東スポ杯も勝ってるから。東京競馬場に似たNEW阪神はむしろ歓迎かも・・・。おそらくペースも落ち着くし好位で折り合えたら最後の坂も助走距離が増えたと考えれなくはないし。ファンタジーS走破時計は同開催のスワンSと同タイムということからも今年の勝ち馬のレベルの突出も伺える。まだ買うか決まってませんが簡単に「はい消し!」って訳にはいきません。鞍上はディープの勝利で肩の荷が下りた豊ですし・・・。とりあえず買わない馬は消しときました。まだJCの頭数より多いやん..............。

馬 名性齢騎 手調教師
アストンマーチャン牝2武    豊石坂   正
アマノチェリーラン牝2秋山真一郎湯窪 幸雄
アルヴィス牝2角居 勝彦
イクスキューズ牝2藤田 伸二藤沢 和雄
ウオッカ牝2四位 洋文角居 勝彦
キャッスルトン牝2松田 博資
クラウンプリンセス牝2C.ルメール橋口弘次郎
グロリアスウェザー牝2津村 明秀清水 出美
コスモベル牝2吉田 隼人西園 正都
ジーニアス牝2横山 典弘安田 隆行
ストラテジー牝2太宰 啓介太宰 義人
スマートカスタム牝2藤岡 佑介大久保龍志
ディーズメンフィス牝2勝浦 正樹藤原 辰雄
テンザンコノハナ牝2角田 晃一松永 昌博
ハギノルチェーレ牝2武 幸四郎山本 正司
バクシンヒロイン牝2本田   優田所 秀孝
ハロースピード牝2岩田 康誠相沢   郁
ピンクカメオ牝2蛯名 正義国枝   栄
ホットファッション牝2中舘 英二戸田 博文
マイネルーチェ牝2幸   英明上原 博之
ミルクトーレル牝2昆    貢
メジロアダーラ牝2A.スボリッチ大久保洋吉
ルミナスハーバー牝2小牧   太橋口弘次郎
ローブデコルテ牝2安藤 勝己松元 茂樹
【注】アマノチェリーラン、アルヴィス、ウオッカ、キャッスルトン、クラウンプリンセス、グロリアスウェザー、コスモベル、ジーニアス、ストラテジー、スマートカスタム、テンザンコノハナ、バクシンヒロイン 、ミルクトーレル、ローブデコルテは8/14で抽選対象

阪神JF

はぁー、子供の風邪もらってもうた。。せっかく今日から連休やのに。休みの日に風邪引くのは物凄くもったいない気がしますね。かといって仕事の日に出勤するのはもっと辛いか.......。来週は若駒ピチピチギャル達のピチピチ阪神競馬場での頂上決戦です。超予想しづらいです。メンバーを見てみましょう。
第58回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)
阪神 11R 2006年12月3日
サラ系2歳/○混 牝○指/オープン/馬齢/1600/芝(右回り)外回り

馬 名性齢騎 手調教師
アストンマーチャン牝2武    豊石坂   正
アマノチェリーラン牝2秋山真一郎湯窪 幸雄
アルヴィス牝2角居 勝彦
イクスキューズ牝2藤田 伸二藤沢 和雄
ウオッカ牝2四位 洋文角居 勝彦
キャッスルトン牝2松田 博資
クラウンプリンセス牝2C.ルメール橋口弘次郎
グロリアスウェザー牝2津村 明秀清水 出美
コスモベル牝2吉田 隼人西園 正都
ジーニアス牝2横山 典弘安田 隆行
ストラテジー牝2太宰 啓介太宰 義人
スマートカスタム牝2藤岡 佑介大久保龍志
ディーズメンフィス牝2勝浦 正樹藤原 辰雄
テンザンコノハナ牝2角田 晃一松永 昌博
ハギノルチェーレ牝2武 幸四郎山本 正司
バクシンヒロイン牝2本田   優田所 秀孝
ハロースピード牝2岩田 康誠相沢   郁
ピンクカメオ牝2蛯名 正義国枝   栄
ホットファッション牝2中舘 英二戸田 博文
マイネルーチェ牝2幸   英明上原 博之
ミルクトーレル牝2昆    貢
メジロアダーラ牝2A.スボリッチ大久保洋吉
ルミナスハーバー牝2小牧   太橋口弘次郎
ローブデコルテ牝2安藤 勝己松元 茂樹
【注】アマノチェリーラン、アルヴィス、ウオッカ、キャッスルトン、クラウンプリンセス、グロリアスウェザー、コスモベル、ジーニアス、ストラテジー、スマートカスタム、テンザンコノハナ、バクシンヒロイン 、ミルクトーレル、ローブデコルテは8/14で抽選対象

豊のコメントでは「アストンマーチャンは去年までのコースの方が合いそうですけど、不利が少なくなり、桜花賞なども力通りの結果になりやすいでしょう。」とのこと。今までの阪神1600はスプリント色の強い馬でもそのスピードで押し切れたがNEW阪神競馬場ではそうはいかないぞ!と言っているのでしょう。旧コースがスタートから最初のコーナーまで182M。外枠の距離のロスがどうしても否めませんでしたが、それはそれで面白かったんですけど。あの壮絶なポジション争いも騎手の腕の見せ所じゃないか!?と思っていたんですけど........やっぱり危ないですね。馬も騎手も。新コース(外回り)は最初のコーナーまで444Mに伸びました。最後の直線も353Mから474M。ゴール前の坂も健在。右回り版東京競馬場と考えてもいいんじゃないでしょうか。差しが届くか、前残りか、初日、要注目です。

ジャパンカップ5

恥ずかしい買い方で馬券外しましたけど.......。大外後方捲りから上がり3ハロン33.5秒で圧勝。11頭立てのジャパンカップで通算11勝目。ほんまに強かったっすね。後見れるのは1回となってしまったのが少し寂しい気もしますが.....。ちょっと事情があってラジオで聴いていたのですが、一人で車の中で大興奮。その後電気屋の65インチのプラズマでレース回顧を独り占めしたのが私の誇りです。ハーツクライの敗因については色々と言い訳があることと思いますが、そんなことよりもビックリしたのがドリームパスポート。王者相手にあわやのシーンを見せてくれました。舞台は日本というアドバンテージはあるが世界のウィジャボード+デットーリに同斤量で先着ですよ。これは素直に快挙です。JCDのアロンダイト、アドマイヤムーン、キンシャサノキセキ、織田祐二等ディープのいない来年も競馬を盛り上げてくれそうですね。

さて私のブログを隅から隅まで読んでくださっている方は恐らく3連単獲って頂いてることと思います。えっ!なんでって?上で小さくスクロールしているでしょう?おすすめブログが「やすの競馬総合病院」と。「是非入院しましょう」と書いてあるでしょ。ここの管理人さんパーフェクトに的中してます。3連単3頭買いで着順まで当てているという.........まさしく神です。大川 慶次郎を超えました。ある意味私は的中したと思っております。

それにしても武豊。。これからの騎手人生でこれ以上の馬に出会うことはもうないでしょうね。それだけに天才のあの馬の終わらせ方に要注目です。

ジャパンカップ4

JDC、アロンダイドですか。。まったく予想すらしてなかったので初めて聞いた名前でした。何でも未勝利から破竹の5連勝らしいっすね。なんとも末恐ろしい....。ブルーコンコルドとサンライズバッカスは共に馬券に絡めず。好きな馬やから密かに応援してたのに。まあ、そんなことより今日の予想に入ろう。
第26回ジャパンカップ(GI)
東京 10R 2006年11月26日
サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/2400/芝(左回り)

馬 名性齢騎 手斤量調教師
ハーツクライ牡5C.ルメール57.0橋口弘次郎
スウィフトカレント牡5横山 典弘57.0森   秀行
ウィジャボードL.デットーリ55.0E.ダンロップ
キノサンロイヤル牡9田中 勝春57.0増沢 末夫
トーセンシャナオー牡3後藤 浩輝55.0森   秀行
ディープインパクト牡4武    豊57.0池江 泰郎
ドリームパスポート牡3岩田 康誠55.0松田 博資
フサイチパンドラ牝3福永 祐一53.0白井 寿昭
フリードニア牝4T.ジレ55.0J.ハモンド
10コスモバルク牡5五十嵐冬樹57.0道営・田部和
11メイショウサムソン牡3石橋   守55.0瀬戸口 勉

逃げることでアドバンテージを得ようとする馬はなく、中段団子状態での消耗戦、心理戦が繰り広げられるでしょう。ペースはS~Mでハイペースにはならんと思いまが3~4コーナーからのディープのプレッシャーと少しでもアドバンテージを得たいハーツクライにより直線入る前に壮絶なサバイバルレースが見れるかもしれません。凱旋門で好位に付けすぎたディープは本来の後方待機、外目を回る。少数頭なんで難なく得意の捲り炸裂。レースの主導権は鞍上ルメールを得たことにより自在性の付いたハーツクライが握り、後ろのディープを伺う。2強を中心に考えたレース展開はこんな感じですかね。

僕の本命はディープ。東京2400で加えて少数頭。掛からん限り豊は間違いなく後方待機から捲っていくでしょう。海外帰り初戦の気負いもなく調教の動きも文句なし。薬物問題の汚名返上?汚名返上したれぃ!

今日は時間がないので他は飛ばし。

◎ディープインパクト
○ハーツクライ
△ウィジャボード
×スウィフトカレント

3連単でディープとハーツの1着折り返しで行こうかなと思います。

ジャパンカップ3

先程、アクセス数を確認したら777のラッキーセブン。こ、これは。。。
第26回ジャパンカップ(GI)
東京 10R 2006年11月26日
サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/2400/芝(左回り)

馬 名性齢騎 手斤量調教師
ハーツクライ牡5C.ルメール57.0橋口弘次郎
スウィフトカレント牡5横山 典弘57.0森   秀行
ウィジャボードL.デットーリ55.0E.ダンロップ
キノサンロイヤル牡9田中 勝春57.0増沢 末夫
トーセンシャナオー牡3後藤 浩輝55.0森   秀行
ディープインパクト牡4武    豊57.0池江 泰郎
ドリームパスポート牡3岩田 康誠55.0松田 博資
フサイチパンドラ牝3福永 祐一53.0白井 寿昭
フリードニア牝4T.ジレ55.0J.ハモンド
10コスモバルク牡5五十嵐冬樹57.0道営・田部和
11メイショウサムソン牡3石橋   守55.0瀬戸口 勉

ドリームパスポートを消した。調教が今一だったから.........。「22日の調教でペースアップが急過ぎ直線は反応する余力はなく、ラスト1F13秒4とバタバタになってしまった。」と言う。陣営には落胆の色はないと言っていたがあくまで表向きの顔。久々に騎乗する岩田との呼吸が合っていないと予測する。予測ですが........。無理矢理消した感も否めませんが、この強力メンバーで少数頭、加えて東京。う~ん....ないな。

ジャパンカップ2

年末調整って色々ややこしいっすね。頭が痛い........。

第26回ジャパンシップ(GI)
東京 10R 2006年11月26日
サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/2400/芝(左回り)

馬 名性齢騎 手調教師
ウィジャボード牝5L.デットーリE.ダンロップ
コスモバルク牡5五十嵐冬樹道営・田部和
スウィフトカレント牡5横山 典弘森   秀行
ディアデラノビア牝4角居 勝彦
ディープインパクト牡4武    豊池江 泰郎
ドリームパスポート牡3岩田 康誠松田 博資
トーセンシャナオー牡3森   秀行
ハーツクライ牡5C.ルメール橋口弘次郎
フサイチパンドラ牝3福永 祐一白井 寿昭
フリードニア牝4T.ジレJ.ハモンド
メイショウサムソン牡3石橋   守瀬戸口 勉
ユキノサンロイヤル牡9田中 勝春増沢 末夫
【注】ディアデラノビアは回避の見込み

7頭しか消してないのにもう5頭しか残ってないやん.........。でも正直これ以上消せへんなぁ。メンバーは見れば見るほど少数精鋭って感じでレースが楽しみに思えてくる。マイルCSとは桁の違う3強ですね。

「消した馬」

コスモバルク
・・・この秋は気性面での心境が見られ折り合いもスムーズになっている。それでも前走天皇賞・秋でしぶとくは粘っていたものの最後苦しがってヨれた上にアドマイヤムーンに差されて4着という内容から考えると能力そのものが若干不足している印象がある。

トーセンシャナオー
・・・切れ味勝負が辛い馬で好走要素は感じない。しかし超大逃げを打ってレースを面白くしてもらいたい。勝ったら冷めるで。。まぁ、ないやろうけど・・・・・。

フサイチパンドラ
・・・嫌いじゃないが今回は消し。斬れる印象がない。

フリードニア
・・・はぁ?知らんわ!通算7戦3勝。掲示板を外したこともなく安定性はあるかもしれませんが、正直来てほしくないので消しときます。

メイショウサムソン
・・・パンドラ同様で本質的に切れ味勝負には弱いタイプなので頭数減でレースの流れが緩くなりそうなのはマイナス要素。

ユキノサンロイヤル
・・・9歳て・・・。福島記念(G3)久々の平地で14着大敗してるやん。なんでこのレースを選んだのか。ケツ2でも500万もらえるらか.......。

ジャパンカップ

マイルCSは超久々に的中。この勢いで今週も............ってまた寂しいなぁ。12頭て......いやディアデラ回避ですから11頭です。

第26回ジャパンシップ(GI)
東京 10R 2006年11月26日
サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/2400/芝(左回り)

馬 名性齢騎 手調教師
ウィジャボード牝5L.デットーリE.ダンロップ
コスモバルク牡5五十嵐冬樹道営・田部和
スウィフトカレント牡5横山 典弘森   秀行
ディアデラノビア牝4角居 勝彦
ディープインパクト牡4武    豊池江 泰郎
ドリームパスポート牡3岩田 康誠松田 博資
トーセンシャナオー牡3森   秀行
ハーツクライ牡5C.ルメール橋口弘次郎
フサイチパンドラ牝3福永 祐一白井 寿昭
フリードニア牝4T.ジレJ.ハモンド
メイショウサムソン牡3石橋   守瀬戸口 勉
ユキノサンロイヤル牡9田中 勝春増沢 末夫
【注】ディアデラノビアは回避の見込み

外国産馬はしょぼめやけど、全体的には少数精鋭で逆に紛れが少なく面白いんではないでしょうか?問題はペースです。今回はペースメーカーが不在で瞬発力のない馬には厳しそう........。ダイワ、マイル選んで正解でしたね。サムソン、パンドラ辺りは厳しいのではないでしょうか。バルクも現在の脚質では疑問が残るところ。展開面で考えても2強に揺るぎなしか。JCダートは参戦するかは未定。馬券は多分買うと思うけど.....。

マイルCS5

<Yahoo!天気情報>
都道府県概況 (18日11時発表)
京都府は、気圧の谷が近づいているため、雲が広がっています。
今日の京都府は、気圧の谷の影響で雲が広がり、雨の降る所があるでしょう。
明日の京都府は、西日本の南海上を進む低気圧の影響で、昼前後から雨が降る見込みです。
なお、北部の沿岸海域では、今日は初め波がやや高いでしょう。


微妙.......。
第23回マイルチャンピオンシップ(GI)
京都 11R 2006年11月19日
サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/1600/芝(右回り)外回り

馬 名性齢騎 手斤量調教師
コートマスターピース牡6L.デットーリ 57.0E.ダンロップ 
スーパーホーネット牡3幸 英明56.0矢作 芳人
プリサイスマシーン牡7松岡 正海57.0萩原 清
ロジック 牡3C.ルメール 56.0橋口 弘次郎
テレグノシス 牡7蛯名 正義57.0杉浦 宏昭
カンファーベスト 牡7江田 照男57.0佐藤 吉勝
ダンスインザムード牝5武 豊55.0藤沢 和雄
ハットトリック 牡5岩田 康誠57.0角居 勝彦
ステキシンスケクン牡3小牧 太56.0森 秀行
10ダイワメジャー 牡5安藤 勝己57.0上原 博之
11マイネルスケルツィ牡3柴田 善臣56.0稲葉 隆一
12ニューベリー 牡8四位 洋文57.0音無 秀孝
13キネティクス 牡7池添 謙一57.0新川 恵
14キンシャサノキセキ牡3秋山 真一郎55.0堀 宣行
15マルカシェンク 牡3福永 祐一56.0瀬戸口 勉
16シンボリグラン 牡4柴山 雄一57.0畠山 吉宏
17グネスラズベリ 牝5角田 晃一55.0西浦 勝一
18デアリングハート 牝4藤田 伸二55.0藤原 英昭

急遽3連単で勝負しよかなと。しかしダイワメジャーの軸は揺るぎなし。昨年2着の舞台で今回は前走より1キロ減。昨年の覇者ハットトリックが昨年の状態にないことを考えると今回はチャンス。前走激走の反動がないかが唯一の不安点。○はハットトリック。近走全くの不振ではあるが京都コース通算(4.0.0.1)、昨年優勝という戦跡からもわかるとおりの完全な京都マイル巧者。スペシャリストの誇りにかけてここは好走したい。印としては残りはダンムーとシンボリ。とりあえずこれで勝負。

◎ダイワメジャー
○ハットトリック
△ダンスインザムード
×シンボリグラン

コートマスターピース。売れている単勝馬券、自信を持って何故にデットーリ.........。気、気になる。でも馬場が渋らない限り買いません。

マイルCS4

第23回マイルチャンピオンシップ(GI)
京都 11R 2006年11月19日
サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/1600/芝(右回り)外回り

馬 名性齢騎 手斤量調教師
コートマスターピース牡6L.デットーリ 57.0E.ダンロップ 
スーパーホーネット牡3幸 英明56.0矢作 芳人
プリサイスマシーン牡7松岡 正海57.0萩原 清
ロジック 牡3C.ルメール 56.0橋口 弘次郎
テレグノシス 牡7蛯名 正義57.0杉浦 宏昭
カンファーベスト 牡7江田 照男57.0佐藤 吉勝
ダンスインザムード牝5武 豊55.0藤沢 和雄
ハットトリック 牡5岩田 康誠57.0角居 勝彦
ステキシンスケクン牡3小牧 太56.0森 秀行
10ダイワメジャー 牡5安藤 勝己57.0上原 博之
11マイネルスケルツィ牡3柴田 善臣56.0稲葉 隆一
12ニューベリー 牡8四位 洋文57.0音無 秀孝
13キネティクス 牡7池添 謙一57.0新川 恵
14キンシャサノキセキ牡3秋山 真一郎55.0堀 宣行
15マルカシェンク 牡3福永 祐一56.0瀬戸口 勉
16シンボリグラン 牡4柴山 雄一57.0畠山 吉宏
17グネスラズベリ 牝5角田 晃一55.0西浦 勝一
18デアリングハート 牝4藤田 伸二55.0藤原 英昭

ステキシンスケクンが猛烈に逃げ、外からダイワの強烈なプレッシャー。高速馬場仕様で自力のある馬しか進出できないでしょう。緩急のあまりないと想像させられるこのレース。道中マルカシェンクは追走に苦労するのではないでしょうか。距離経験も2歳時だけだし、ペースに付いて行けずに直線だけのレースになりそうな気が.....。地力はあるだろうから、もしかしたら掲示板には乗るかもしれませんけど。と言うことで急遽消し!残ったのは人気馬とシンボリグラン。コートマスターピーがえらい人気してるのにはビックリ。危険な外国馬と思うねんけどなぁ。馬場が荒れれば別やけど。。っていうか週末天気下り坂ってさっき嫁が言っていたような気が.........最終結論は夜!以上!!

マイルCS3

今日は調子に乗って3頭消した。

第23回マイルチャンピオンシップ(GI)
京都 11R 2006年11月19日
サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/1600/芝(右回り)外回り

馬 名性齢騎 手調教師
アグネスラズベリ牝5西浦 勝一
アサクサデンエン牡7河野 通文
アドマイヤムーン牡3松田 博資
アルビレオ牡6和田 竜二白井 寿昭
オフィサー牡4森   秀行
カンファーベスト牡7江田 照男佐藤 吉勝
キネティクス牡7池添 謙一新川   恵
キンシャサノキセキ牡3堀   宣行
コートマスターピース牡6L.デットーリE.ダンロップ
シャドウスケイプ牡7-森   秀行
シンボリグラン牡4柴山 雄一畠山 吉宏
ステキシンスケクン牡3森   秀行
スーパーホーネット牡3矢作 芳人
ダイワメジャー牡5安藤 勝己上原 博之
ダンスインザムード牝5武    豊藤沢 和雄
デアリングハート牝4藤田 伸二藤原 英昭
テレグノシス牡7蛯名 正義杉浦 宏昭
ニューベリー牡8四位 洋文音無 秀孝
ハットトリック牡5岩田 康誠角居 勝彦
ハリーズコメット牡5萩原   清
フォーカルポイント牡5河野 通文
プリサイスマシーン牡7松岡 正海萩原   清
ペールギュント牡4橋口弘次郎
マイネルスケルツィ牡3柴田 善臣稲葉 隆一
マルカシェンク牡3福永 祐一瀬戸口 勉
メイショウボーラー牡5白井 寿昭
ロイヤルキャンサー牡8森   秀行
ロジック牡3C.ルメール橋口弘次郎
【注】アサクサデンエン、アドマイヤムーン、オフィサー、シャドウスケイプ、ハリーズコメット、フォーカルポイント、ペールギュント、メイショウボーラー、ロイヤルキャンサーは回避の見込み。アルビレオは除外対象

カンファーベストを切った。マイル路線転向後は安定した成績を残しているが、コンスタントに使われた4戦目で大きな上積みが期待できない。さらにマイルCSと相性の悪い富士S組で5着の内容も不満。スピード勝負に強い印象があり今の京都は合ってるような印象もあるが狙っても3着候補まで。一応馬連勝負が基本ですので切らしてもらいました。
次に切ったのは上昇度が高く魅力的な3歳馬キンシャサノキセキ。能力的にはかなりのものがあるとは思いますが、準オープンを勝ったばかりで中一週、鞍上も乗り代わり。ここで買わないと「おいしい」とは思えないかもしれませんが、自分は時期尚早と判断しました。きたらすいませんと謝るしかありません。
プリサイスマシーンも切る。前走スワンSは先行押し切りで久々の重賞制覇。高松宮記念4着という内容からも7歳を迎えての衰えはないし、どちらかといえば平坦の高速馬場は合っている印象もある。名前も大好きで頑張ってもらいたいのは山々だが、GⅠではやはり物足りなさを感じる。有力馬3頭を逆転できるとは到底思えない....。

今回僕は、上位3頭の力が抜けているように思えます。この3頭に割って入ってるのは多くても1頭若しくは2頭と考えています。次回の更新は枠順発表後になると思いますが気が変わってたらすいません。今日は以上。

ディープインパクト

今年のジャパンカップは史上最低の12頭立てが確定し、しかもハーツクライが喉鳴りを発症...。でもこの馬だけは元気ですね。遠征帰りも何のその。DW(深いウッドチップ)6ハロンで芝並みの77秒7(もちろん一番時計)をマークしながら、ラスト1ハロンも12秒7と踏ん張った。

11月15日(水)
順位馬名12001000800600200
ディープインパクト77.762.550.238.012.5
リキサンポイント78.163.650.537.912.7
メジロラガマフィン79.764.551.439.014.3
オレンジシンジュ80.264.551.639.613.1
オーシャンクルーズ80.365.752.339.112.5
シゲルカイノセ80.366.352.539.313.5
ホシシャトル80.564.851.037.812.1
メイショウサムソン80.764.550.838.212.3
メジロマシューズ80.765.751.738.712.6
マイネルリーデル80.765.752.139.111.9

金子氏の気持ちもわからんでもないが来年も行けるんちゃう?ゼンノロブロイ、スペシャルウイークも5歳までがんばってんから。。そう言えばディープの異父弟、ニュービギニング(牡2歳、栗東・池江郎、父アグネスタキオン)のデビュー予定が正式に決まりましたね。12月3日阪神芝2000の新馬戦だそう。このレース、兄のブラックタイド、ファインモーション、アグネスタキオンがデビューした出世レース。来年、天皇賞辺りで兄弟対決してもいいんとちゃうの?ディープ君。まあ無理か......。

マイルCS2

なんぼ考えてもダイワメジャーの優位はかわらんような気がする今日この頃・・・早めに消す馬を増やしておこう。
第23回マイルチャンピオンシップ(GI)
京都 11R 2006年11月19日
サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/1600/芝(右回り)外回り

馬 名性齢騎 手調教師
アグネスラズベリ牝5西浦 勝一
アサクサデンエン牡7河野 通文
アドマイヤムーン牡3松田 博資
アルビレオ牡6和田 竜二白井 寿昭
オフィサー牡4森   秀行
カンファーベスト牡7江田 照男佐藤 吉勝
キネティクス牡7池添 謙一新川   恵
キンシャサノキセキ牡3堀   宣行
コートマスターピース牡6L.デットーリE.ダンロップ
シャドウスケイプ牡7-森   秀行
シンボリグラン牡4柴山 雄一畠山 吉宏
ステキシンスケクン牡3森   秀行
スーパーホーネット牡3矢作 芳人
ダイワメジャー牡5安藤 勝己上原 博之
ダンスインザムード牝5武    豊藤沢 和雄
デアリングハート牝4藤田 伸二藤原 英昭
テレグノシス牡7蛯名 正義杉浦 宏昭
ニューベリー牡8四位 洋文音無 秀孝
ハットトリック牡5岩田 康誠角居 勝彦
ハリーズコメット牡5萩原   清
フォーカルポイント牡5河野 通文
プリサイスマシーン牡7松岡 正海萩原   清
ペールギュント牡4橋口弘次郎
マイネルスケルツィ牡3柴田 善臣稲葉 隆一
マルカシェンク牡3福永 祐一瀬戸口 勉
メイショウボーラー牡5白井 寿昭
ロイヤルキャンサー牡8森   秀行
ロジック牡3C.ルメール橋口弘次郎
【注】アサクサデンエン、アドマイヤムーン、オフィサー、シャドウスケイプ、ハリーズコメット、フォーカルポイント、ペールギュント、メイショウボーラー、ロイヤルキャンサーは回避の見込み。アルビレオは除外対象

最近は2200でも道悪でも、ペースが速くても遅くても上位追走から押し切るという著しく完成の域に入ったダイワメジャー。善臣騎乗時代を除けばすべて掲示板圏内。皐月賞が最後のGⅠ制覇かと思いきや、ここまで強くなるとは・・・。同期のハーツクライと共にキングカメハメハなき5歳世代を立派に支えてくれています。単勝圏内はこの馬と京都実績もある昨年の覇者ハットトリックぐらいか。ダンスはダイワと5回対戦していずれも敗退。自力勝負ではダイワメジャーに分が悪いのは事実ですが、どちらにしろこの3頭が実績、実力、適正を加味しても抜けている存在であると思います。

他の馬は消したコメントなし!以上。

マイルCS

衝撃のエリザベス女王杯が終わって一段落・・・と言うわけには行きません。そこそこのメンバーが揃う第23回マイルチャンピオンシップ(GI)の出走予定メンバーです。回避しそうな馬がやたら多いなぁ・・・
第23回マイルチャンピオンシップ(GI)
京都 11R 2006年11月19日
サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/1600/芝(右回り)外回り

馬 名性齢騎 手調教師
アグネスラズベリ牝5西浦 勝一
アサクサデンエン牡7河野 通文
アドマイヤムーン牡3松田 博資
アルビレオ牡6和田 竜二白井 寿昭
オフィサー牡4森   秀行
カンファーベスト牡7江田 照男佐藤 吉勝
キネティクス牡7池添 謙一新川   恵
キンシャサノキセキ牡3堀   宣行
コートマスターピース牡6L.デットーリE.ダンロップ
シャドウスケイプ牡7-森   秀行
シンボリグラン牡4柴山 雄一畠山 吉宏
ステキシンスケクン牡3森   秀行
スーパーホーネット牡3矢作 芳人
ダイワメジャー牡5安藤 勝己上原 博之
ダンスインザムード牝5武    豊藤沢 和雄
デアリングハート牝4藤田 伸二藤原 英昭
テレグノシス牡7蛯名 正義杉浦 宏昭
ニューベリー牡8四位 洋文音無 秀孝
ハットトリック牡5岩田 康誠角居 勝彦
ハリーズコメット牡5萩原   清
フォーカルポイント牡5河野 通文
プリサイスマシーン牡7松岡 正海萩原   清
ペールギュント牡4橋口弘次郎
マイネルスケルツィ牡3柴田 善臣稲葉 隆一
マルカシェンク牡3福永 祐一瀬戸口 勉
メイショウボーラー牡5白井 寿昭
ロイヤルキャンサー牡8森   秀行
ロジック牡3C.ルメール橋口弘次郎
【注】アサクサデンエン、アドマイヤムーン、オフィサー、シャドウスケイプ、ハリーズコメット、フォーカルポイント、ペールギュント、メイショウボーラー、ロイヤルキャンサーは回避の見込み。アルビレオは除外対象

注目は恐らく一番人気になるであろうダイワさん。今秋は毎日王冠、天皇賞と2戦2勝の充実ぶり。マイルCSは昨年ハナ差2着と惜敗しており、陣営は雪辱に燃えているそう。個人的にはJCも見てみたかったが陣営は最終的に実績のあるマイル戦を選択した。後は毎日王冠ではダイワさんと接戦を演じてたダンス。気性の難しさが影を潜めた今、常に最前線で培っってきた豊富なキャリアは強みになるだろう。7歳軍団、特にプリサイスマシーン、キネティクスなんかは上昇気流に乗ってるか。ただ7歳馬の勝ち馬はこのレースから出たことなし。3歳馬も元気なし。。
後、騎手ではジャパンカップ単独最多勝利騎手,フランキーことランフランコ・デットーリ。91年の初来日以来、通算【15・10・6・33】、連対率.391と言う恐るべき数字を残している。しかもジャパンカップの3勝は全てがハナ差でのもので、接戦をものにしたその手腕を如実に示している。男前の顔にも注目。

エリザベス女王杯4

仕事が忙しく、今日も残業でした。。ゆっくり予想も出来ないわ!と言いながらも本日の予想。
第31回エリザベス女王杯(GI)
京都 11R 2006年11月12日
サラ系3歳上/○国際 牝○指/オープン/定量/2200/芝(右回り)外回り

馬 名性齢騎 手斤量調教師
アサヒライジング牝3柴田 善臣54.0古賀 慎明
ヤマニンシュクル牝5四位 洋文56.0浅見 秀一
アドマイヤキッス牝3武    豊54.0松田 博資
ヤマトマリオン牝3幸   英明54.0安達 昭夫
ソリッドプラチナム牝3小牧   太54.0田中 章博
シェルズレイ牝3C.ルメール54.0松田 国英
レクレドール牝5藤田 伸二56.0池江 泰郎
スイープトウショウ牝5池添 謙一56.0鶴留 明雄
ライラプス牝4鮫島 良太56.0松田 国英
10キストゥヘヴン牝3安藤 勝己54.0戸田 博文
11ディアデラノビア牝4岩田 康誠56.0角居 勝彦
12ウイングレッド牝5田中 勝春56.0宗像 義忠
13サンレイジャスパー牝4佐藤 哲三56.0高橋 成忠
14ヤマニンメルベイユ牝4武 幸四郎56.0栗田 博憲
15フサイチパンドラ牝3福永 祐一54.0白井 寿昭
16カワカミプリンセス牝3本田   優54.0西浦 勝一

思い切ってスイープに線を入れた。調教で馬場入りを渋りだだっ子ぶりを久々に見せただけで得意の京都、牝馬限定とくれば◎でもよかったんですが・・。天皇賞の敗因が早仕掛けであると池添が判断したならば今回は直線勝負にかけるはず。シェルズレイら先行勢の作り出す淀みのないレースで足を使わされ、意外に体力消耗、直線伸びずor前が止まらず差し届かず、となると決断。勇気ある決断と自分で自分を誉めてあげたいです・・・と言っても後はほぼ有力所です。◎のアサヒライジングは馬連限定で、もちろん真の本命は16番です。

◎アサヒライジング
○カワカミプリンセス
▲ヤマニンシュクル
△アドマイヤキッス
×ウイングレッド

今年の3歳勢は去年の比ではないと考え◎と○。厳しい流れで▲が・・アドマイヤグルーヴの再現なら△。状態最高な×。これで勝負です。

エリザベス女王杯3

3歳馬と古馬との世代間対決に注目し続けてきたエリザベス女王杯。今回も昨年、一昨年同様それが顕著に現れた。その代表格はもちろんスイープトウショウとカワカミプリンセス。ここにダンスインザムード、エアメサイア、シーザリオなんか想像したら史上最強のエリ女になった事は間違いなかっただろうが、それでも充分メンツが揃ったと個人的に思う。
第31回エリザベス女王杯(GI)
京都 11R 2006年11月12日
サラ系3歳上/○国際 牝○指/オープン/定量/2200/芝(右回り)外回り

馬 名性齢騎 手斤量調教師
アサヒライジング牝3柴田 善臣54.0古賀 慎明
ヤマニンシュクル牝5四位 洋文56.0浅見 秀一
アドマイヤキッス牝3武    豊54.0松田 博資
ヤマトマリオン牝3幸   英明54.0安達 昭夫
ソリッドプラチナム牝3小牧   太54.0田中 章博
シェルズレイ牝3C.ルメール54.0松田 国英
レクレドール牝5藤田 伸二56.0池江 泰郎
スイープトウショウ牝5池添 謙一56.0鶴留 明雄
ライラプス牝4鮫島 良太56.0松田 国英
10キストゥヘヴン牝3安藤 勝己54.0戸田 博文
11ディアデラノビア牝4岩田 康誠56.0角居 勝彦
12ウイングレッド牝5田中 勝春56.0宗像 義忠
13サンレイジャスパー牝4佐藤 哲三56.0高橋 成忠
14ヤマニンメルベイユ牝4武 幸四郎56.0栗田 博憲
15フサイチパンドラ牝3福永 祐一54.0白井 寿昭
16カワカミプリンセス牝3本田   優54.0西浦 勝一

<展開>
枠順は多少外枠不利と言われていますが、あまり気にすることないでしょう。と言ってもカワカミの大外は気になりますが。。
絶対に前に行く馬がいないので自然とシェルズレイが押し出され、有力所ではいつでもそれを捕らえれる位置にアサヒライジングとウイングレット。他は中段でカワカミプリンセスをマーク。そのさらに後方にスイープトウショウ。こんな感じでしょうか。えらい大雑把ですが。
前2走のシェルズレイを見る限りスローにはならず、前残りを嫌うカワカミが早めにペースアップ。それをマークする有力所も負けじとペースアップ。息の付けないスピード持続とスタミナの勝負になるのでは・・・。となるとスイープ危うし・・・とその前にディアデラ消しときます。そして怖いが前走が目いっぱい、加えて外枠という言い訳を付けてフサイチパンドラも消し。
しかしウイングレッド再浮上。。現在6頭。決まりません・・・。

エリザベス女王杯2

僕の馬券の買い方は昔からまったく進歩がない。

馬 名性齢騎 手調教師
アサヒライジング牝3柴田 善臣古賀 慎明
アドマイヤキッス牝3武    豊松田 博資
ウィジャボード牝5E.ダンロップ
ウイングレット牝5田中 勝春宗像 義忠
カワカミプリンセス牝3本田   優西浦 勝一
キストゥヘヴン牝3安藤 勝己戸田 博文
コスモマーベラス牝4中村   均
サンレイジャスパー牝4佐藤 哲三高橋 成忠
シェルズレイ牝3C.ルメール松田 国英
スイープトウショウ牝5池添 謙一鶴留 明
スプリングドリュー牝6O.ペリエ堀   宣行
ソリッドプラチナム牝3小牧   太田中 章博
ダンスインザムード牝5藤沢 和雄
ディアデラノビア牝4岩田 康誠角居 勝彦
ニシノナースコール牝4尾形 充弘
フサイチパンドラ牝3福永 祐一白井 寿昭
ヤマトマリオン牝3幸   英明安達 昭夫
ヤマニンシュクル牝5四位 洋文浅見 秀一
ヤマニンメルベイユ牝4武 幸四郎栗田 博憲
ライラプス牝4鮫島 良太松田 国英
レクレドール牝5藤田 伸二池江 泰郎
【注】ウィジャボード、ダンスインザムード、ニシノナースコールは回避

上のように無条件に来そうもない馬をまず消すことから始まる。ほとんどデータも見ず雰囲気だけで。。消した馬もこれで終わりでなく3連復や3連単或いは馬連のひもで買ったりする。あくまで本線の選択です。

この中で特に自分が狙いたいのはアサヒライジング。馬連なら軸でも充分ありとさえ思っている。取り立てて逃げ馬もなく有力所の脚質は差しに偏っている。となると去年のオースミハルカ的存在になるのはこの馬。母系は春の天皇賞2着のアサヒエンペラーが出たスタミナ一族で距離延長も心配なし。輸送も克服済み。何よりここ2走の勢いがすばらしく反動さえなければ1着もあり得ると考ます。心配点は2つ。反動と善臣・・・今日は以上。

エリザベス女王杯

超久々の更新。って言うか自分の中で既に死んでいたブログ。家引っ越してたまたま見たら更新したくなった。幸いパスワードも覚えていたので気まぐれに更新していこう。POG大会に参加されていた方中途半端に終わってどうもすいませんでした。それだけが唯一の心残り。。。

さぁ、今週はエリ女。去年は古馬勢にしてやられたが、3歳馬好きの自分にとって今年は本気でチャンス到来か。骨のあるピチピチギャルが酸いも甘いも知り尽くすお姉さん方に何処まで迫れるか。見物です。。

馬 名性齢騎 手調教師
アサヒライジング牝3柴田 善臣古賀 慎明
アドマイヤキッス牝3武    豊松田 博資
ウィジャボード牝5E.ダンロップ
ウイングレット牝5田中 勝春宗像 義忠
カワカミプリンセス牝3本田   優西浦 勝一
キストゥヘヴン牝3安藤 勝己戸田 博文
コスモマーベラス牝4中村   均
サンレイジャスパー牝4佐藤 哲三高橋 成忠
シェルズレイ牝3C.ルメール松田 国英
スイープトウショウ牝5池添 謙一鶴留 明
スプリングドリュー牝6O.ペリエ堀   宣行
ソリッドプラチナム牝3小牧   太田中 章博
ダンスインザムード牝5藤沢 和雄
ディアデラノビア牝4岩田 康誠角居 勝彦
ニシノナースコール牝4尾形 充弘
フサイチパンドラ牝3福永 祐一白井 寿昭
ヤマトマリオン牝3幸   英明安達 昭夫
ヤマニンシュクル牝5四位 洋文浅見 秀一
ヤマニンメルベイユ牝4武 幸四郎栗田 博憲
ライラプス牝4鮫島 良太松田 国英
レクレドール牝5藤田 伸二池江 泰郎
【注】ウィジャボード、ダンスインザムード、ニシノナースコールは回避

<傾向>
昨年と同一ステップを踏んで連覇を目指すのはスイープトウショウ。有力馬の1頭には違いないが、昨年ほどの勢いは感じられない。対して世代的勢いが認められるのは8頭がスタンバイした3歳勢。なかでも無敗の2冠馬カワカミプリンセスは、史上最強といえる強さでオークスを制し、秋華賞Vにしても、14年に3歳時無敗でエ女王杯を勝ったファインモーションとほぼ同等の内容。数値の裏づけもあるだけにかかる期待はでかい。3歳勢は他に秋華賞で厳しい流れに身を置いて入着したアサヒライジングフサイチパンドラも侮れない。他の世代では4歳ディアデラノビア。今季は未勝利でも牡馬混合GⅡで微差3着しており、前哨戦・府中牝馬Sにしても勝ちに等しい内容で復活を印象づけている。GIホースにヒケをとらない瞬発力があり、一発大駆けも有り得る存在として注目したい。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。