スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年を軽く振り返る(3牝編)

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


いや~、有馬記念が終わってアクセス数が激減しました。有馬当日には900を超えるアクセスをいだだいたのに・・・。それほどディープインパクトは競馬に興味のない人をも惹き付けるパワーがあったんですね。すごいもんです。

さてさて、今日は3歳牝馬路線でも振り返って見ようかと思います。
まず上半期、桜花賞を制したのはラインクラフト。阪神Jで3着に敗退し、フィリーズレビューの辛勝で「う~ん。。たいしたことなかったかなぁ~。」と思ってた自分が情けないです。その後、桜花賞、NHKMCでG12賞、マイルチャンピオンSでは牡馬古馬の並み居る強豪を押しのけ3着に粘った。人気は2番人気であったが、みなさんもまさかここまで走るとは思わなかったんではないでしょうか。。時計は1:32.3。過去の同レースで比較しても馬場の違いがあったとは言え、堂々とレースレコードですね。ビクトリアマイルは正にこの馬の為のレースと思っているんですが・・京都なら言うことなかったんですが。阪神牝馬Sの敗戦は不可解ですが連戦の疲れでもあったんでしょうか。前走、激走してますもんね。なんしか来年も要注目の一頭です。
続く注目の一頭はシーザリオ。3連勝で桜花賞に挑戦したときは半信半疑でしたが、あの桜花賞の追い上げはすごかったですね。。道中スムーズに行ってれば勝っていたかもと思わせるレース。唯一、吉田稔が乗り代わったレースがこれですね。裕一では負けなし。裕一はラインクラフトの主戦もつとめてるし、男前は馬から見ても解るんでしょうか。。シーザリオの次走は確認してません。ビクトリアマイル、海外、古馬王道路線と選択肢は多いと思いますが、個人的にはラインクラフト、スイープトウショウとのガチンコ勝負が見てみたい。距離もなんとかいけるっしょ!スペシャル産駒はこの馬とインティライミでブレイクしましたね。とにかくこの馬の動向にも要注目!
あと今年のクラシック路線からはエアメサイアともうすぐ復活予定のディアデラノビア。後者は荒れた気性もものともせず、能力だけでオークス3着まで来たって感じですね。頭が高い走り方してますし成長次第では牝馬路線の台風の目的存在にならないとは言えません。次走は京都金杯!骨のあるメンバーだががんばってもらいたい。エアメサイアはラインクラフトとのガチンコ対決で楽しませていただきました。今後の路線は未定。
今年の3歳世代はこの4強!って感じがしましたね。秋にもさしたる上がり馬もなく1年を通してこの4頭の活躍が目立ちました。期待のレースパイロットもイマイチでしたから・・・。ただ個人的に注目したい馬は古馬と混じっても好走を続けているペニーホイッスルと名前が個人的に大好きな秋華賞4着馬オリエントチャーム。それと地道に裏街道を歩んでついにオープン馬になったケイアイメルヘン。次走はガーネットSを予定しているが注目したい。こんなもんでしょうか。。忘れてる馬のいるかも解りませんがとりあえずこんなもん。最後に3歳牝馬のベストレースは牝馬優駿です。マジで興奮しました。。。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。
スポンサーサイト

今年を軽く振り返る(3牡編)

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


もう今年も終わり。来週も開催がないし丁度いいので軽く今年を振り返り来年の展望にも少し触れておこう。まず今日は3歳牡馬芝路線から取り上げようと思うが、今年は3歳牡馬に限定せずとも主役はディープインパクトだろう。惜しくも古馬初対戦で初敗北を喫してしまったが、その3冠馬のパフォーマンスは圧巻だった。。今年は3歳馬のレベルが低く、「有馬ディープ危うし」の言葉を数々のブログ、新聞、ホームページ等で目にしたが、21年振りの無敗3冠馬のプライドは充分に保てたと個人的に思っております。来年も主役は間違いない。とりあえずはゆっくり休養してください。
他ではやはり最強の1勝馬シックスセンス。クラシックをすべて好走し、その脚質からディープの「金魚の糞」的存在だったが、香港ヴァーズでは大外捲って自ら動き、ウィジャボードの2着まで追い上げたのは相当価値があり、この馬の力を充分誇示できたであろう。。来年は未定だが、早く勝利をものにしてステイゴールド2世のレッテルをはがしてもらいたいものである。それもいいかもしれませんが・・・。この馬の評価が上がると言うことは自然と残り3馬鹿トリオの2頭も評価があがる。特にアドマイヤジャパンは、果敢に挑んだJCで空前のハイペースに巻き込まれ、11着と大敗したが、自信のタイムはダービーより早い2:23.2。成長の証と取りたい。今後のさらなる成長と活躍をローゼンクロイツとともに祈っています。あと王道クラシック路線ではダービー2着も怪我で秋を棒に振ったインティライミ。1月の初めの方がで復帰戦となるみたいだが、何と言ってもダービー2着馬。ダービー2着馬はクリスエス×2・ロブロイ・ハーツと有馬記念4連覇です。この馬がディープの最大のライバルになることは充分に考えられます。復帰戦に注目したい。後、今後芝路線で注目したいのはマチカネキララ、サムライハート、コメディアデラルテ、今思い出せるのはこれぐらい。
 ダート3歳王道路線ではもう一頭の金子馬カネヒキリ。こいつは古馬の頂点にも輝き栄華を極めたが、層の厚いダート路線で来年も王者であり続けることは相当タフでないと難しい。特にフェブラリーSを目指すなら尚更でライバル サンライズバッカス、来年5歳馬シーキングザダイヤ、古豪メイショウボーラー、ヴァーミリアン、トウショウギア、ブルーコンコルド、ジョイフルハート、シーチャリオットフィフティーワナー等々、本気でメンバーが揃っている。カネヒキリ陣営にしたら厳しいが、我々競馬ファンにとっては楽しみなことこの上ない、である。殴り書きみたいになってしまったが、次回は3歳牝馬でも振り返ろうと思います。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

新企画「500円で資産運用」

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


有馬記念が終わり、地方競馬を買わない自分にとっては一応終了。毎年、有馬記念が終わると何かもの悲しさが漂う。今回はディープインパクトが負けたから尚更か・・・。ディープインパクトの来年は国内に止まるそうですね。もともと海外遠征は競馬関係者、ファンの願望であって陣営は一言もその意向を発していなかったんですね。まずは春の天皇賞が当面の目標。それまでは相変わらず自厩舎での調整が続くそうです。元々、そう言われてたから自厩舎での調整でもかまいませんが、来年は色々な意味で、もっと、もっと大きくなって帰ってきてくれ!

さて、来週はお馴染み「金杯」。今までは予想だけして結構馬券を買わなかった事も多々あり、「気持ち、夢」重視の馬券になってしまいましたが、来年からは方向性を変え、毎週1レースを厳選して500円を投資し、その結果をここでお伝えしていこうと思います。なんせ貧乏人なもんで500円が限界かと。。G1レースになれば1000円、2000円と額もいくらになるか解りませんが。もちろんPOG大会の方は今まで通り行っていきます。

次の重賞は1月5日(木)の中山 京都金杯。1月7(土).8(日)はガーネットS シンザン記念。面白そうなレースは両開催の金杯とシンザン記念。なんか考えられるGⅠレベルまで達しないオープン馬がこぞって出てきた感じですね。特に京都金杯なんて40頭近くの登録が。。ディアデラノビアなんて名前もあります。こいつの目標はヴィクトリアCなんでしょうか・・まだどのレースを選ぶか決めかねておりますが、正月明け早々楽しめそうです。

今日は今年を振り返りたかったのですが、それはまた機会があればと言うことで。。ちなみに昨日のMー1グランプリ。優勝した「ブラックマヨネーズ」最高でしたね。漫才でこんなに笑ったのは去年のMー1「南海キャンディーズ」以来でした。。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

お疲れさん。ディープインパクト

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


ま、負けてしまった・・・。しかもディープより後ろにいるはずのハーツクライに・・・。ルメールにしてやられたどうこうじゃなくディープのいつもの切れ味がなかったように思います。ペースもそんなに速くなかったし、あれで直線弾けられなかったところが最大の敗因でしょうか。デビュー以来、最低の馬体重が響いたのでしょうか。。豊のコメントでも「今日は飛ばなかった。」とありますし。それでも前残りの中、大外捲ってよく2着まで追い上げました。なぜ自分が言い訳してるのかは解りませんが、今日が彼の実力ではないように思います。ちなみに上がりは最速ですが34.6秒とデビュー以来最低上がりタイムですね。時計の掛かる馬場も要因の一つか・・

負けたのがハーツクライで良かった。。ロブロイ、タップなら来年はないですし、ハーツクライならリベンジ出来る。とりあえず、3歳チャンピオンから現役古馬2位になったと言うことで、当面の目標は国内現役最強馬ですね。海外はその後。今日は正直悲しかったけど、来年に繋がる競馬ではあったし悲観はしてません。確か陣営は引退まで放牧しないと言っていましたが・・・これで方針が変わってもいいかも。そして豊を含めた陣営はかなりプレッシャーから解放されますね。これが今後プラスの方向へいけば問題なしです。とりあえず今年、熱くさせてくれてありがとう!そして3冠達成おめでとう!また来年の君の活躍を期待しております。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

サンスポ展開予想

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


サンスポの展開予想を丸々お借りしました。

【1周目4コーナー】
・・・逃げ宣言の(9)タップダンスシチーがハナへ。(16)オースミハルカは、内の各馬の出方を見ながら2番手を追走。無理には競らない。(4)コスモバルクは前に壁を作って折り合いに専念する。(13)コイントスや(15)デルタブルースは好位から。(3)ゼンノロブロイも前を見ながらの位置取り。(7)ヘヴンリーロマンスや(14)リンカーンが中団で、注目の(6)ディープインパクトは後方を追走する。菊花賞では折り合いを欠くシーンがあったが、学習能力が高い馬だけに、心配は要らない。最後方は、(10)ハーツクライの指定席。

【2コーナー】
・・・(9)タップダンスシチーがグイグイとピッチを上げる。「面白い競馬をする」(佐々木晶調教師)、「しょうもない競馬はしない」(佐藤哲騎手)と陣営は公言。ジャパンCほどのハイペースではないが、後続を引き離して逃げる。スタミナに自信のある(15)デルタブルースは、離されすぎないように意欲的に追走。(16)オースミハルカも引くことはない。馬群は徐々に縦に長くなる。この段階では(6)ディープインパクトは慌てず騒がず。(2)サンライズペガサスや(5)スズカマンボはまだ後方のまま。

【3~4コーナー】
・・・ここからが勝負どころ。有馬記念で2度の2着がある(9)タップダンスシチーを易々と逃がすわけにはいかない。(15)デルタブルースや(13)コイントスを筆頭に、先行馬群が動き始める。昨年タップを徹底マークした(3)ゼンノロブロイも射程圏へ。タップの仕掛けに応じて、確実に差を詰めにかかる。各馬の動きを見据えて、(6)ディープインパクトの武豊騎手も仕掛けるタイミングをうかがう。いい脚を長く使える点が武器だけに、前との差があるようなら早めのゴーサインもありそうだ。中団から後方の馬群もディープの仕掛けに合わせて一斉に動く。

【残り100メートル】
・・・レースを引っ張ってきた(9)タップダンスシチーの逃げもリードはわずか。早めに仕掛けた各馬が襲い掛かる。しかし、いったんエンジンのかかった(6)ディープインパクトの脚いろは、他馬と違う。安全策で外を回ってきても、残り100メートル地点まで来れば、先頭のタップをすぐにでも捕らえるポジション。あとは並んで、かわして、突き放すだけ。焦点は2着争いに絞られる。早めに仕掛けてもしぶとい(15)デルタブルース、地力ある(3)ゼンノロブロイが有力だが、各馬の仕掛けが早すぎると、(10)ハーツクライの大外強襲がゴールまでに届く場面もありそうだ。

*********************************

なかなか各社とも気合いが入っている。さすが今年を締めくくるグランプリ。各ブログでも本気で予想。ディープを外す方もいれば、辻本茂雄のようにディープからすべての馬を買う輩もいる。それもこれも予想は予想。プラスになれば勝ちなのである。私はもう負け越し決定ですが・・・。ただ、辻本茂雄に言いたい事が2つある。まず一つはディープの応援団長は君ではない。金子真人さんである。もう一つは君の予想は勝手ですが、人の予想をけなすな!あなたはそんなに威張れる買い方してますか?その内、逆につっこまれますよ。。
少々毒づいてしまいましたが、スタートまで約3時間30分。今から急いで嫁さんのクリスマスプレゼント買ってきま~す・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

有馬記念予想!

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


第50回有馬記念 GI 芝2500M
1マイソールサウンド牡657.0本田優
2サンライズペガサス牡757.0蛯名正
3 ゼンノロブロイ牡557.0デザー
4コスモバルク牡457.0五十嵐
5スズカマンボ牡457.0安藤勝
6ディープインパクト 牡355.0武 豊
7ヘヴンリーロマンス牝555.0松永幹
8 グラスボンバー牡557.0勝浦正
9タップダンスシチー牡857.0佐藤哲
10ハーツクライ牡457.0ルメー
11オペラシチー牡457.0中舘英
12 ビッグゴールド牡757.0柴田善
13コイントス牡757.0北村宏
14リンカーン牡557.0横山典
15デルタブルース牡457.0ペリエ
16オースミハルカ牝555.0川島信

競馬復活して2年。早くも巡り会えた三冠馬。常に期待に応えてくれた、自分にとってもまさしく「英雄」だったディープインパクトが満を持して暮れのグランプリに登場。順調にこれただけでも充分だがここまでくればやはり見たい・・・奴が今年を締めくくるところを。。と言うことで明日の予想。
◎はディープインパクト。もはや何の説明も入らない。不安はないことはないが、一番の不安点は自分が本命に推していることか。それにしてもデビューして7戦。まだほとんどまともな競馬を見たことがないが今だに無敗。出遅れる事もあれば、掛かる事もある。しかし、無敗・・・。今回も勝って無敗4冠じゃ!この野郎!!以上。。続いてデルタブルース。馬も鞍上も好気配。裏街道を歩んできたが・・菊花賞馬を舐めるな、この野郎!!この馬2頭を軸に3連単か3連復で勝負。

◎ ディープインパクト
○ デルタブルース
× ゼンノロブロイ
× リンカーン
× グラスボンバー
× ハーツクライ
× タップダンスシチー

負けられない宿命を背負ってしまった馬。しかし自分は負けることよりも怪我が一番怖いです。今後、大いなる可能性を秘めた馬ですので無事に走ることを祈るのみ。。でも勝ったら最高の高っす!

POG大会ご参加の皆様へ
・・・みなさんの「夢」確かに受け付けました。
マトマル君  ディープインパクト
クロイツさん ディープインパクト
のりこさん  ディープインパクト
タックスさん ディープインパクト
はじめちゃん ディープインパクト

あ、あかん。。やはりディープがえらい揃った。企画倒れか。。と思ったら果敢にも・・

ヤスエングリン タップダンスシチー

嫁さん     ゼンノロブロイ

和さん    返信なし・・

以上です。今年を締めくくるグランプリ。みなさんは何処で観戦でしょうか。。自分は家で一人でテレビにて、ディープサンタを待っています。


人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

クリスマスのPO出走予定馬

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


POG大会ご参加の皆様へ
・・・宝塚記念に続き第2弾!!「あなたの夢は!?」企画を実施します。今回は「単勝配当×500P」で実施します。かなりでかいです。ディープ単勝1.0倍なら500P、デルタブルース10.0倍なら5000P、マイソールサウンド単勝200.0倍なら100000Pです。さすがにマイソールサウンドきたらPOG大会自体が終わってしまうかもしれませんが、まあ、ないでしょう・・・。またコメント欄に好きな馬一頭書き込んでくだされば結構です。これを見れなかったみなさんはすいません。見ていただいている方優先と言うことで・・・。

有馬記念の事ばっかり考えてPO出走予定馬忘れてました・・失礼しました。今週は3頭ですね。

***12月24.25日のPOG出走予定馬***
サイバーキングダム  牡2  [美浦]勢司和浩  
父:スペシャルウィーク母:マリスターII母父:Baldski
(戦績:0戦[0-0-0-0])
高瀬真尚
12月24日 中山5R 新馬 芝1600M


アドマイヤメイン  牡2  [栗東]橋田満  
父:サンデーサイレンス母:プロモーション母父:ヘクタープロテクター
(戦績:4戦[1-2-1-0])
20050822103711.gif
12月25日 中山5R ホープフルS 芝2000M


コードテレグラム  牡2  [ [栗東]橋口弘次郎  
父:フレンチデピュティ母:ダークエンディング母父:エンドスウィープ (戦績:4戦[1-2-1-0])
20051011232327.gif
12月25日 阪神1R 未勝利 ダ1800M
******************

注目はサイバーキングダムですか・・やはり。スペシャルウィーク産駒の真打ち登場って感じですね。調教もいいらしいし、関係者談では「全身バネ」らしいです。。
後、注目のレースはラジオたんぱ杯2歳SとホープフルSですね。両レースとも来年のクラシック直結だと思いますので要注目です。

さて、有馬記念の前々日オッズが発表されましたね。単勝は、ディープインパクト1.4倍で1番人気。昨年の覇者ゼンノロブロイ7.5倍で2番人気、レース後に引退式が予定されているタップダンスシチーと、前走ステイヤーズS(GII)を制し、復活を遂げたデルタブルース12.9倍で並んで3番人気となっています。これからディープがどれだけ下がるか。記念馬券ほしさに未換金の単勝馬券を買う人がこれからどんどん増えてきそうですね。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

有馬枠順!!

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


POG大会ご参加の皆様へ
・・・宝塚記念に続き第2弾!!「あなたの夢は!?」企画を実施します。今回は「単勝配当×500P」で実施します。かなりでかいです。ディープ単勝1.0倍なら500P、デルタブルース10.0倍なら5000P、マイソールサウンド単勝200.0倍なら100000Pです。さすがにマイソールサウンドきたらPOG大会自体が終わってしまうかもしれませんが、まあ、ないでしょう・・・。またコメント欄に好きな馬一頭書き込んでくだされば結構です。これを見れなかったみなさんはすいません。見ていただいている方優先と言うことで・・・。


第50回有馬記念 GI 芝2500M
1マイソールサウンド牡657.0本田優
2サンライズペガサス牡757.0蛯名正
3 ゼンノロブロイ牡557.0デザー
4コスモバルク牡457.0五十嵐
5スズカマンボ牡457.0安藤勝
6ディープインパクト 牡355.0武 豊
7ヘヴンリーロマンス牝555.0松永幹
8 グラスボンバー牡557.0勝浦正
9タップダンスシチー牡857.0佐藤哲
10ハーツクライ牡457.0ルメー
11オペラシチー牡457.0中舘英
12 ビッグゴールド牡757.0柴田善
13コイントス牡757.0北村宏
14リンカーン牡557.0横山典
15デルタブルース牡457.0ペリエ
16オースミハルカ牝555.0川島信

枠順が昨日発表されました。ディープはええ枠引きましたね。なんか無敗で3冠馬に輝いた偉大な先輩シンボリルドルフが有馬連覇を達成した番号だそうですね。ダービーと同じ赤枠やし・・・古馬代表ゼンノロブロイもええ枠です。デルタブルースがちょいと不満の外枠ですが、前々の馬でもないしジワジワ行けば気にする必要ないか・・
さて、この中山2500M。有馬3勝目が懸かるペリエは言うまでもなく、外人騎手が得意としているのはご存じでしょうか。武豊と外国人騎手のデータを見比べても明らか。

武豊の中山2500M成績
【5.10.7.19】勝率.122 連対率.366 複勝率.537

外国人騎手の中山2500M成績
【12.7.6.34】勝率.203 連対率.322 複勝率.424

ご覧の通り連対率と複勝率は負けているものの、勝率では豊を上回る。ハーツクライは今回ないと思っていたが鞍上はルメール。優勝こそないもののG19回騎乗で5回も連対を果たしている。中山での騎乗経験はないが、レースの流れを素早く見抜き、上手くそれに対応出来る技術とどんな馬でも全力で追い馬をロスなく走らせる彼の騎乗はペリエに勝るとも劣らない。騎手だけで言えばやはりダート中心の米国騎手より芝中心の日本ならユーロジョッキーの方が信頼が置けると思われます。あくまで騎手だけでいえばです・・・。今回の外国人騎乗馬は・・・

ハーツクライ 鞍上ルメール

デルタブルース 鞍上ペリエ

ゼンノロブロイ 鞍上デザーモ

です。魅力的な馬が盛りだくさん。ディープが古馬との対決なら、豊は外国人騎手との戦いか。。本当に見どころの多いレースですね。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

有馬記念出走馬診断2

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


先週の2歳馬MVPは中止します。時間がないのが最大の理由ですが、何と言ってもMVPを発表したいほどの馬のデビューがなかったからです。超注目の新馬でアグネスサージャンが勝ちましたが、新馬の内容自体は全くの平凡で、あのレースだけでの評価は難しく、今後の成長に期待しております。
ただ2歳戦500万下から恐ろしいタイムで大差勝ちしたフラムドパシオンが来年3月25日のドバイワールドCデーにナドアルシバ競馬場で行われる3歳限定のUAEダービーに参戦する可能性が出てきた。つい最近もハットトリックで香港マイルを制した角居調教師、シーザリオでも米オークスを制し、カネヒキリも管理するなど現在ノリノリ調教師。ここ2年で大飛躍しました。海外ならこの人と言う図式が出来上がれば、これからの時代さらにブレイクしていくことだろう。。ただ、日本もおろそかにしないでね。。マトマル君にも迷惑ですよ・・・。

***有馬記念出走馬診断その二***
ディープインパクト  牡3  [栗東]池江泰郎 
父:サンデーサイレンス母:ウインドインハーヘア母父:Alzao
(戦績:7戦[7-0-0-0])
金子真人
・・・もはや何も言うことはないでしょう・・・。なんか木曜追いと聞いていたけど、今日追い切ってましたね。

栗D良 82.2 66.2 53.3 39.1 11.4

全体の時計は気にするとなく、終いが11.4なら充分ですね。万全の状態で望めそうです。当日は一応晴れるとのことなんで後は展開次第です。期待度はもちAAAです。


デルタブルース  牡4  [栗東]角居勝彦 
父:ダンスインザダーク母:ディクシースプラッシュ母父:Dixieland Band
(戦績:15戦[5-2-1-7])
サンデーレーシング
・・・叩かれ良化型、西の長距離砲が叩き3戦目で鞍上ペリエと絶好の気配。前走はまだ辛勝ではあったが「らしさ」のジリ脚を伸ばして差しきった。ローテーション的にも今年は裏街道を歩んでおりJC組みより間違いなく疲労度は少ない。中山も得意と見ていいし展開的にも有利に働きそうです。JC除外の無念をここで晴らせ!そもそも菊花賞馬が大好きな自分としてはここは厚く買いたい。あくまで、軸ではありませんが・・・。期待度はです。


ハーツクライ  牡4  [栗東]橋口弘次郎 
父:サンデーサイレンス母:アイリッシュダンス母父:トニービン
(戦績:15戦[3-4-2-6])
20051111234227.gif
・・・JCでは持ち前の鬼脚を出して見事に2着。やはり力を出し切れば現役の中でも屈指の潜在能力を持っている。しかし、2500M以上は【0003】。これは距離が長いほどペースが緩むことが原因。自分で前を潰すタイプではないので、敵は常に「前にいる馬」と「ペース」。小回りコースではエンジンが掛かる前にレースが終わってしまうので、鞍上がルメールでも相当の割引が必要と考える。こちらもJDCでの反動も考えられるし・・・。期待度はです。


リンカーン 牡3 [栗東]音無秀孝 
父:サンデーサイレンス母:グレースアドマイヤ母父:トニービン
(戦績:19戦[5-4-2-8])
近藤英子
・・・前走は見せ場ありの4着で復調気配はある。03年は、一頭次元の違ったシンボリクリスエスに続く2着。昨年は不出走なので、実は有馬に向くという可能性も否定できない。豊が乗れないことが不安視されるだろうが、鞍上は横典。逆に戦法の転換に繋がればこちらの方が面白そう。ただ走ってもやはり連対が精一杯でこのメンバーなら普通に考えて掲示板が妥当なところか。期待度はです。
**************************

まだ、注目馬はいますがそれは後々・・今週は有馬以外でもラジオたんぱ杯2歳S(GⅢ)があります。こちらも来年を占う意味では大注目のクラシック直結レースです。なんか年末は意味なくテンションが上がってきますね・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

有馬記念出走馬診断

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


今週は有馬記念。個人的に勝ってほしい馬は一頭ですが、決して一強ではないと思っています。そこで自分の注目馬8頭ぐらいを何回かに分けて診断していこうと思います。個人的期待度はAAA、AA、A、B、Cで表します。

***有馬記念出走馬診断その一***
オペラシチー  牡4  [栗東]佐々木晶三 
父:オペラハウス母:シャルムマイヤー母父:ブレイヴェストローマン
(戦績:11戦[5-0-3-3])
友駿ホースクラブ
・・・距離2500Mは3戦2勝とベスト。中山も今年、日経賞で3着に入るなど悪くない。ただここ2戦の大敗が気になる。大敗がG1ならまだ解るがG2、G3と掲示板すら確保していない。今回はさらに相手強化で正直厳しそう。平成以降、前走G3出走馬の好走歴もないし。大敗しているなら尚更です・・期待度はです。


グラスボンバー  牡5  [美浦]尾形充弘 
父:Machiavellian母:ブルーラスター母父:Nureyev
(戦績:35戦[7-7-3-18])
半沢(有)
・・・G1初挑戦。今年に入って条件戦を勝ち進み、ついに福島記念(G3)で重賞初制覇。今年7戦して複勝圏内を外したこともなく安定性も抜群。中山も好成績を残している。がしかし、2200Mまでしか走ったことなく、距離の壁と「格」の壁に跳ね返される可能性が大きいのも確か。好きな馬だけにがんばってほしいが今回は厚くは買えません。期待度はです。


ゼンノロブロイ 牡5  [美浦]藤沢和雄 [主戦]デザーモ
父:サンデーサイレンス母:ローミンレイチェル母父:Mining
(戦績:18戦[7-5-4-2])
大迫久美子
・・・去年の力が残っていないと言われているが自分はそうは思わない。確かに天皇賞では海外帰りで精彩を欠いていたが、JCは極限の戦いで、実力以上の力を出し切っているように思える。勝つまでの力がなかっただけのこと。いや、逆にあそこまでの戦いで34.7の上がりを出し3着をキープ出来たことはこの馬にとっては収穫。自在性のある器用な馬で中山は相手関係、展開を考えると明らかにプラス。鞍上デザーモも4度目の騎乗で手の内にいれているだろうし、古馬勢で一番の評価は揺るがない。ただJCの激走による疲れが残ってないか?それが不安材料。期待度はです。


タップダンスシチー  牡8  [栗東]佐々木晶三 
父:Pleasant Tap母:All Dance母父:Northern Dancer
(戦績:40戦[12-6-7-15])
友駿ホースクラブ
・・・自分の好きなページで「前走は直線失速だったが、久々に「らしさ」は見せてくれた。この点からの往年の力は望めなくても現状出せる力は出し切れる状態にあり、その意味では復調していると言えるだろう。急坂で急失速の可能性は高いが、自分のペースで逃げられればそう簡単には潰れないはず。単騎逃げできる内枠なら要注意。」と書いてあった。まさしくその通りだと思います。ただ今回は先行、逃げ系の馬が多く、中途半端な逃げでは・・・だと思われます。期待度はです。
**************************

やっとギャロップを手に入れました。
見出しが「Merry Christmas! Mr.Deep
すいません、パクらして頂きました・・・。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

有馬記念特別登録!!

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


第50回有馬記念 GI 中山芝2500M
特別登録馬
オペラシチー牡457.0オースミハルカ牡555.0
グラスボンバー牡557.0コイントス牡757.0
コスモバルク牡457.0サンライズペガサス牡757.0
シルクフェイマス牡657.0スズカマンボ牡457.0
ゼンノロブロイ牡557.0タップダンスシチー牡857.0
ディープインパクト牡355.0デルタブルース牡457.0
ハイアーゲーム牡457.0ビッグゴールド牡757.0
ハーツクライ牡455.0ヘヴンリーロマンス牝555.0
マイソールサウンド牡657.0リンカーン牡657.0

いよいよ来ましたねー。今年を締めくくるグランプリ。喜び勇んでコンビニにギャロップ買いにいったらあらへん・・・。まあまま、こんな時もある。コンビニなんてまだまだあるし。と思い次のコンビニへ。あれ・・またない。次のコンビニも、次も、次も・・・おかしいと思い大きな本屋へ。あれぇぇ・・ここにもない・・「すげー、これはディープインパクト効果なんや!社会現象やん!」と思いながらちょっとテンション上がっていたが、一応確認のため勇気を出して店員さんに確認すると・・・「大雪のため、発売延期になり明日の発売になります。」とのこと。これは何かあるぞ・・とその前にガソリン代返せ、この野郎・・・
主役は元気みたいですね。引退馬2頭も4歳馬軍団も順調。いいメンツが揃いました。自分は回復しましたが、次は嫁さんが絶対安静。ボチボチ更新していきます。

(追伸)・・クロイツさん、いつもコメントありがとうございます。ほんま、励みになります。2度目になりますがヤスエングリンさんもありがとう。みなさんの暖かいコメントが命です。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

阪神牝馬S予想!

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


第48回阪神牝馬SG2 阪神芝1600M
1ライラプス牝354.0松永幹
2ラインクラフト牝356.0福永祐
3×マイネサマンサ牝555.0安藤勝
4×チアフルスマイル牝555.0藤田伸
5アドマイヤグルーヴ牝557.0武 豊
6オースミコスモ牝656.0上村洋
7コスモヴァレンチ牝354.0武幸四
8マルターズヒート牝455.0秋山真
9スナークスズラン牝655.0安藤光
10レクレドール牝455.0ペリエ
11シンコールビー牡655.0藤岡佑

フィギアスケートでちょっと興奮するもまだ病み上がり。手短に予想しよう。

本命はラインクラフト。阪神実績、適正距離、持ち時計から言っても能力最上位は明らか。調教もマズマズでポンッってスタート出て先頭グループ内々でジッとして、直線スーと出てあっさり勝つと予想。不安は斤量面、連戦の疲れだろうが、この舞台で相手が牝馬なら勝ってもらわな困ります。
○はアドマイヤグルーヴですいません。ガチガチですがこれだけの少数頭でしかもスロー濃厚、単純な瞬発力勝負なら・・・豊やし・・・前走見てたらやっぱ力あると思うし・・・。後は残りの5歳コンビ、マイネサマンサ&チアフルスマイルで。後はコスモヴァレンチ。1年3ヶ月のブランクや初距離、初コース等不安は数多いが調教もいいし、ペースも向く。しかも鞍上は「阪神マイルの幸四郎」。以上です。斬れろ!い~い女・・・。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

氷上のディープインパクト

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


浅田真央

いやー、さっきテレビ見たけど、この子すごいなぁ。。浅田真央。小さくて、柔らかくて、軽くて速い。しかも15歳の若駒。そしてぶっちぎりの優勝。。まさしく氷上のディープインパクトですなぁ。。今風に言えば「おじさん、萌えました・・・。」あ、あかん、早く阪神牝馬Sの予想しやな・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

病み上がり更新

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


今週は少し体調を崩しまして・・・。POG出走予定馬アップ出来ませんでした。出走する馬はちゃんと解ってますんで、どうかご勘弁を・・ちなみに出走馬はクールカルッジ、デアリングワールド、フラムドパシオン、アグネスサージャン、ロジック、サードストリームですね。

注目新馬はアグネスサージャン、デアリングワールドですね。特に前者はタキオンの全弟!藤岡健師曰く

「かなり乗り込んできたから、仕上がりは申し分ない。筋肉が柔らかくていいフットワークをするし、反応も上々。血統的なバックボーンもあるから、当然期待は大きいよ」

らしいです。要注目です!!って書いてたらもう結果でてた。。。ハナ差で一着ですね。2着はナイアガラ。えらい時計掛かってる割に上がりもたいしたことなし・・・これ、どうなんでしょう。

体調も回復しましたんでまたこれから気合いを入れて更新します。どうぞよろしく・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

ディープ順調です。

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


ディープ


いやー、いいです。いいですねぇ。。。順調そうです。もし出走してたら解りませんけど、結果的に考えてJC回避は正解でした。なんかGallpの金子オーナーのインタビューで読んだけど、オーナー自身が有馬出走を池江泰さんに進言したらしいですね。適正は広くて紛れのないJCにある事は百も承知でしたが、馬の疲れを優先してひたすら回復に努めました。その結果すっかり疲れがとれてリフレッシュした模様。調教でも今までの相手とは格が違うグレイトジャーニー。半馬身の先着に終わったが、この日唯一の70秒台。もちろん一番時計。「これで来週は間違いなく変わる。いい状態でユタカ(武豊騎手)にバトンタッチできるわ」と池江助手。池江泰さんも同意見。松田国さんもちょとは見習わないと・・・。

そういえばサラブレで、池江さんの長男で海外競馬に詳しい池江泰寿さんが興味深い発言をしていた。その一部を紹介しましょう。

「ディープインパクトに関しては、古馬と比較するまでもなく、日本の馬の中でもずば抜けた存在。世界レベルで比較しても、米国の去年の年度代表馬ゴーストザッパーは相当手強かったけど、同世代のモティベーターやハリケーンランなんかよりはディープの方が強いと思っている。菊花賞ではあれだけ掛かってラスト33.3秒の足を使った。そんな馬は過去にはいないはず。出遅れたり、引っ掛かったりで、これまで正攻法の競馬を一度もしていないのに無敗なんだよ。うちのフサイチアウステルは来年海外へ行くプランもあるけど、ディープと戦うくらいならその方が楽だとすら思うよ。」

とのこと。まずゴーストザッパーの名前が出てきたのが嬉しい。フサイチアウステルが来年海外も・・・て言うのにも驚き。もうちょっと日本で走ってもいいのに・・・海外向きかもしれませんが。そして極めつけはモティベーターやハリケーンランなんかよりは・・・”なんかより”ですよ、なんかより。欧州NO.1の馬に対して。でもあながち自分も間違ってないと思います・・まずは来週ですね。今後はしばらく有馬記念と阪神牝馬Sを中心にいこうと思っています。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

有馬記念スペシャル

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


今回は有馬記念 馬診断スペシャルです。やはり最後のドリームレースで今週はGⅠもないことからこれにしばらく力を入れていこうと思います。第一回目はやはりこの馬から・・・ちなみに最後に有馬記念での個人的期待度をAAA、AA、A、B、Cの5段階で表しました。

***第1回 有馬記念出走馬診断***
ディープインパクト 牡3  [栗東]池江泰郎 [主戦]武豊
父:サンデーサイレンス母:ウインドインハーヘア母父:Alzao
(戦績:7戦[7-0-0-0])
金子真人

■主な勝ち鞍
・・・クラシック三冠、弥生賞(G2)、神戸新聞杯(G2)


■プロフィール
・・・2002/03/25ノーザンファーム生まれ。馬主は金子真人ホールディングス株式会社。2005年8月4日付けで個人だった馬主名義を、法人である金子真人ホールディングス株式会社に変更した。馬名の由来は「競馬界に衝撃を与えたい。」と言うオーナーの願いが込められている。母は英オークス2着馬。 姉に6戦5勝スプリンターズS4着のレディブロンド。兄にはスプリングSを勝った現役休養中のブラックタイド。弟には東京スポーツ杯2歳S3着のオンファイアと蒼々たる一族。 自身は現在無敗で最終目標は世界最高峰のレース凱旋門賞だとオーナーは匂わせている。


■この馬の適正
・・・距離適正は2000~3000M。恐らくベストは2400Mだと思われますが、菊花賞で道中ただ一頭掛かっていたにもかかわらず上がりで33.3秒を叩き出し他を圧倒したことから、その心肺機能は他の競走馬とはひと味もふた味も違い、長距離はもちろん、スタートさえ決めれば短いところでもデュランダル以上のパフォーマンスを見せてくれるだろう。道悪は走ったことないので未知数だが、走るんちゃう??と何故か思ってしまう。脚質は「捲り」で4角で常に相手を射程圏内に捉え、直線で鬼脚を爆発させる。展開面はスローでもハイでもあまり関係ないが、怖いのは強い逃げ馬が2着以下を大きく離して逃げたときの前残りで先行馬を捕らえ損ねるパターンとジャパンCのようにレコードが出るようなペースで流れて、いつもの大外を回った時ぐらいか。馬体重は新馬の時が最重量で452㌔。前走は最軽量で444㌔。軽い馬だけにあまり体重減は好まれないがこの範囲内±2~4㌔なら問題ないんじゃないでしょうか。


■その他のデータ
・・・今となっては有名な話だが、JRA競走馬総合研究所がディープの強さを科学的に分析した。詳細は長くなるので書かないが、世界のアスリートに例えるとカールルイスの歩幅とベンジョンソンのピッチを両方兼ね備え、それに加えてラドクリフ並の心肺機能をも持つのがディープインパクトなのです。しかもワールドクラスのレベルで・・さらに重心も低く体も柔らかく、しかも体重が軽いことから怪我も少ない・・・要するに完璧なんです・・・
ただ、欠点がないこともない。それはスタートと菊花賞で露わになった掛かり癖。まあ、道中掛かりっぱなしであの鬼脚を炸裂できたことは間違いなく収穫で、豊もさらに自信がついたと言う事実もありますが、やはり、これからは古馬或いは世界との対決が待っているだけに前目前目の競馬も覚えてほしいが・・。贅沢すぎるか・・・。米国の伝説、名馬中の名馬セクレタリアトにも科学的な分析で勝るとも劣らない結果を数字で証明してるし・・・


■有馬記念は・・
・・・もちろん主役はこの馬です。勝ちパターンは最後方の外目を追走。馬群には入らず3コーナーから徐々に進出。4コーナーで捲って先頭に並びかける。直線で33秒台の鬼脚を繰り出し他馬を圧倒。負けパターンは後ろから交わされる場面は想像し難く、やはり直線インを突いた先行馬の前残りだろう。特に中山は外々を回ってくる脚質の馬には厳しいコースで、実際器用な馬が前に来ることが多い。古馬の長距離戦だと3コーナーから流れが速くなっていくから、よけいに外を回りながら追い上げる馬には厳しくなる。これを克服できるかが大きな山。ペースはどちらかと言えば速いほうが前も止まりやすいし、ばらけるので後方から進出しやすくなるので良いと思われる。さらに4角で逃げ馬との差が小さければ小さい方がいい。能力的には古馬が入ってもずば抜けていると思うので後は展開。大丈夫です。この馬は運も持っているので・・・期待度はもちろんAAAです。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

12月10・11日の2歳馬MVP

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


先週は意外にもクラシックで期待できそうなお馬ちゃんの登場はありませんでしたね。暮れの阪神、中山開催にしてはやや不満です。

***12月10・11日の2歳馬MVP***
フサイチジャンク [栗東]池江泰寿
父:サンデーサイレンス母:セトフローリアンII母父:Bellotto
(中山芝2000M15頭立て タイム2:07.0)
20051115150806.gif

■プロフィール
・・・2003/03/26社台ファーム生まれ。 馬名は冠名+ダウンタウン浜田司会のジャンクスポーツの「ジャンク」から獲ったそうです。今週か来週の当番組で間違いなく放送されるだろう。なんせお祭り男 関口房朗の所有馬ですから・・母セトフローリアンはAJCオークス2着馬。兄弟には皐月賞2着馬タイガーカフェ、現役4勝馬マルカフローリアン等がいる。自身は03'セレクトセールにて史上3番目(当時)の3億3000万円にて取引されている。


■評価(ギャロップ参照)
・・・レースは中団から折り合いピタリと流れに乗り、直線で軽く仕掛けられると鋭い伸びで粘る逃げ馬を差しきった・・とGallopに書いてあるが、あの超どスローで上がりが34.9とやや不満。タイムも相当遅い。ただその落ち着き振りと柔軟なフォームから今後の期待を込めて星★★★☆ぐらいか。調教から師は来週の出走を進言していたらしいが、ダウンタウン浜田の日程調整のためこの日に強行出馬。関西馬やのに中山で・・ちなみに早くも長距離輸送克服・・この馬の日程はしばらく浜田次第。と言うことはこれからもしばらく関東に出走することになるのか。関西馬やのに・・・武豊がインタビューで「まだ消費税分も稼いでいません・・」と発言。日記では「話題の3億円馬、フサイチジャンクが無事に(笑)新馬勝ち。関口オーナーはもちろん、人気テレビ番組「ジャンクスポーツ」の浜ちゃんまで出てきたものですから、ウィナーズサークルはG1を勝ったみたいな大賑わいとなりました。まだこれからの馬ですが、勝ちっぷりはなかなかのものでした。」とのこと。どうなんでしょうか・・とりあえず次走・・色々な意味で注目したい。ただ(笑)ってどういう意味やねん、(笑)って・・・


■先週の感想
・・・朝日杯でもフサイチリシャールがGⅠ制覇を果たし中山はフサイチデーでしたね。他に気になったのは未勝利勝ちのサンヴィクトワールぐらいかな。道中ほぼ最後方も、牡馬相手に直線だけで5馬身ちぎった内容は好評価。レース振りからはこちらがMVPでもまったくおかしくないが新馬優先と言うことでご勘弁ください。奴はネタも豊富なんで・・
3歳馬からは摩耶Sからフィフティーワナーとトラストジュゲム。特に前者は新馬は落としたがその後4連勝。付けた秒差は4.4秒。まさしく圧倒的。トラストジュゲムもプラス20㌔で素質を見せつけ2着確保。またまた3歳ダート路線に新星登場ですね。ジョイフルハートもいるしヴァーミリアンも王者カネヒキリ、トウショウギア、サンライズバッカス、シーチャリオットもいるしダート界はタレント豊富ですね。来年のフェブラリーSは熱くなりそうです。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

阪神牝馬S特別登録馬

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


年の瀬も押しせまり残すところGⅠもあと一つとなりました。中休みと言いたいところですが、重賞戦が存在する限り私の戦いは続きます。負けっ放しですが・・・。と言うことで今回私が注目するのはGⅡ阪神牝馬Sです。アドマイヤグルグーヴが有終の美を飾れるか、それを阻止すべく何故か暮れにもう一走するラインクラフト。その他多士済々のメンバーが揃い見応えのあるレースが期待できそうです。CBC賞も面白そうですが、今回は阪神牝馬Sに焦点を絞ろう。

第48回阪神牝馬ステークス G2 阪神芝1600M
特別登録馬
アスピリンスノー牝354.0アズマサンダース牝455.0
アドマイヤグルーヴ牝557.0オーゴンサンデー牝655.0
オースミコスモ牝656.0コスモヴァレンチ牝354.0
コスモマーベラス牝354.0ショウナンパントル牝354.0
シンコールビー牝555.0スナークスズラン牝655.0
チアフルスマイル牝555.0ビーナスライン牝455.0
プリュネル牝354.0マイティーカラー牝555.0
マイネサマンサ牝555.0マルターズヒート牝455.0
ライラプス牝354.0ラインクラフト牝356.0
レクレドール牝455.0


データを見たがあまりこれと言ったものはない。気になったのはGⅠウイナーが過去15頭出走してるが連対したのはファインモーションのみ。GⅠ勝ちの馬がいるからと言って過信は禁物と言ったところか・・・。
恐らく圧倒的人気が予想されるラインクラフトが鉄板のような気がするが、前走の激走その他連戦による疲れ、斤量も過去最高と不安要素あり。阪神実績も持ってるが京都の方が確実に走るし。ただ普通に走ったらマイル実績、持ち時計から言っても確勝級ですなぁ・・。自分の目では今の所落とし穴が見つかりません・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

POG大会今週の結果&近況

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


先週の結果発表です。GⅠ勝ちも出るなど3頭が勝利をおさめました。特にGⅠ勝ちをおさめた亜奴は今後、さらに成長し、稼いでくれること間違いなし!いや~、羨ましい限りです・・・。

***12月10.11日のPOG出走予定馬***
ショウナンアルス  牡2  [美浦]大久保洋吉 
父:サンデーサイレンス母:ショウナンハピネス母父:Kris S.
(戦績:3戦[0-1-2-0]) 
国本哲秀
12月10日 中山4R 未勝利 芝1800M
1着!嫁さん指名馬


アドマイヤメイン 牡2  [栗東]橋田満 
父:サンデーサイレンス母:プロモーション母父:ヘクタープロテクター
(戦績:3戦[1-2-0-0]) 
20050822103711.gif
12月10日 阪神9R エリカ賞500万下 芝2000M
3着タックスさん指名馬


サンヴィクトワール 牡2  [栗東]松田博資 
父:サンデーサイレンス母:ヴィクトリーバンク母父:ドクターデヴィアス
(戦績:[1戦[0-0-1-0]) 
サンデーレーシング
12月11日 阪神5R 未勝利 芝2000M
1着!マトマル君指名馬


パワーコレクター 牡2  [栗東]松田博資 
父:エンドスウィープ母:グリーティングス母父:Rainbow Quest
(戦績:[0戦[0-0-0-0]) 
サンデーレーシング
12月11日 阪神7R 新馬 芝1600M
4着はじめちゃん指名馬


ジャリスコライト 牡2  [美浦]藤沢和雄 
父:Fantastic Light母:Chancey Squaw母父:Chief's Crown
(戦績:2戦[2-0-0-0]) 
吉田和美
12月11日 中山11R 朝日FS 芝1600M
3着タックスさん指名馬


フサイチリシャール 牡2  [栗東]松田国英 
父:クロフネ母:フサイチエアデール母父:サンデーサイレンス
(戦績:4戦[3-0-0-1]) 
20051115150806.gif
12月11日 中山11R 朝日FS 芝1600M
1着!!嫁&クロイツさん指名馬
*************************
POG大会が始まり約半年・・・リシャールを擁するクロイツさんが独走状態か。ただ、まだタックスさんのジャリスコもこれからの成長次第で来年のクラシックを独占する可能性も秘めていますね。もちろん、マトマル君指名馬オンファイアも・・サンヴィクトワールもいい勝ち方してましたし・・ヤスエングリンさんは指名馬がまだ1頭もデビューしていません。その分ポイント獲得はないが逆に言えば1番の未知数。PO大会、最大の惑星になれるか。。それはまだ指名馬のデビューが少ないのりこさんにも言えることですね。わたくしことはじめちゃんはマルカシェンク頼み・・ただ、それだけです。あっ!アドマイヤキッスも・・・
和さんは・・・追加指名お願いします!!

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

朝日FJ等回顧

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


中山競馬場で行われた朝日杯フューチュリティS(2歳牡牝、GI・芝1600m)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気フサイチリシャール(牡2、栗東・松田国英厩舎)が2番手追走から直線で抜け出すと、中団から脚を伸ばした5番人気スーパーホーネットの追撃をクビ差凌いで優勝した。勝ちタイムは1分33秒7(良)。さらに1.3/4馬身差の3着には1番人気ジャリスコライトが入った。

あ、あかん・・・。ジャリスコ負けてしもた・・・。上がり33秒台が続いて正直、無敗のチャンピオンを想像してただけにやはりちょっと残念でした・・・。スタートでごちゃついて(接触したのかな?)ちょっとムキになったようなところがありましたが、それが敗因なのかなぁ?
ちょっと馬体に余裕があったような気もしますが…。あと、4角あたりの騎乗がちょっと気になりましたね。自分の場合は「鞭を落とした」とか「進路どり云々」とかではなく…。3角でちょっと仕掛けぎみにポジションを上げようとしたら、騎手の予想よりも反応が良すぎて、4角あたりでは早めに仕掛けようか、矯めようか、迷ったような雰囲気がちょっと見て取れました・・・。
同じ負けるにしても、ちょっと悔いの残るような負けだった気がします。連対した馬は騎手が持ち味を最大限に発揮できるに騎乗してくれたと思いますが、この馬は持ち味をあまり発揮できなかったなぁ・・・。
フサイチリシャール、スーパーホーネット。。最後まで迷っていた馬と気になりだしてきた馬が1着、2着・・・。 馬券は外しましたがまるっきりでもなかったんでショックは少ないですが、それよりも大物誕生を期待した分あのレース内容は物足りませんでした。。

その他では新馬でフサイチジャンクが快勝、香港ヴァーズでシックスセンスが2着と奮闘。そしてなんとハットトリックが香港マイル快勝!!名前が名前だけにGⅠ後1勝はするでしょう・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

朝日FJ予想!!

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


第57回朝日杯FS(GI) 中山芝1600M
1ダイアモンドヘッド牡255.0武 豊
2ショウナンタキオン牡255.0田中勝
3フェイクフェイス牡255.0和田竜
4アポロノサトリ牡255.0蛯名正
5スーパーホーネット牡255.0内田博
6ダノンブリエ牡255.0江田照
7ジャリスコライト牡255.0デザー
8デンシャミチ牡255.0柴田善
9ディープエアー牡255.0池添謙
10スロクハイネス牡255.0丹内祐
11レソナル牡255.0北村宏
12フサイチリシャール牡255.0福永祐
13タニオブゴールド牡255.0松岡正
14フィールドカイザー牡255.0ボニヤ
15エムエスワールド牡255.0松永幹
16コマノルカン牡255.0木幡初

いやー、仕事明けでギリギリ帰ってこれました。よかった、よかった。。よかったのか??

まあ、そういう事で予想しよう。っていうか自分、ずーと一番人気買ってる気がします。となると秋のGⅠシリーズ、自動的に獲ったのはスプリンターズSだけになりますが・・・有馬もアタマはあの馬っぽいから・・・

予想はまたまた一番人気、ジャリスコから行きましょう。理由は前にも述べた。前走、2回の不利を受けながらも・・・ってやつで。それと血統背景も魅力的ですし2歳馬離れした大物感がある。反応の鋭さ、スピード、瞬発力どれをとっても超一流の所にいるのもと思われる。もしかしたら、そうであってほしいと言う願望がそう思わせるかもしれませんが・・・
2番手はダイアモンドヘッド。前走の敗北は相手が強かったのもあるけど、休み明けでそこそこの能力は示せた。叩き2戦目で最内枠、武豊。センスもあるし中山も問題にしないと思われる。後は、調教師がやたら強気なディープエアーと未知数ダンノブリエ、フサイチリシャールは現在考え中です。ショウナンタキオンの勝つところはここではないと考えていますが・・・能力はメンバー上位なのは間違いないですが。

追伸・・・スーパーホーネットも気になりだしてきた・・・


人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

今週のPOG出走予定馬

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


フラムドパシオン圧勝!!

超良血アグネスサージャンまずは新馬勝ち!!

すいません。。おおざっぱで・・・。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

朝日杯FS枠順

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


第57回朝日杯FS(GI) 中山芝1600M
1ダイアモンドヘッド牡255.0武 豊
2ショウナンタキオン牡255.0田中勝
3フェイクフェイス牡255.0和田竜
4アポロノサトリ牡255.0蛯名正
5スーパーホーネット牡255.0内田博
6ダノンブリエ牡255.0江田照
7ジャリスコライト牡255.0デザー
8デンシャミチ牡255.0柴田善
9ディープエアー牡255.0池添謙
10スロクハイネス牡255.0丹内祐
11レソナル牡255.0北村宏
12フサイチリシャール牡255.0福永祐
13タニオブゴールド牡255.0松岡正
14フィールドカイザー牡255.0ボニヤ
15エムエスワールド牡255.0松永幹
16コマノルカン牡255.0木幡初

特に言うことがないので余談を一つ・・・。ジャリスコライトで話題の親父ファンタスティックライトは、今年7頭の産駒がいる。その中に金子所有馬を発見。馬名はナイアガラ。デビューは阪神開催の3週目・・・そう、このレースは去年ディープがデビューしたレースです。金子さんがこのレースを選んだと言うことは相当な期待の現れか!?調教も相当走っているみたいですので・・・。ライバルも多いと思いますが要チェックです。しかも金子ー池江朗ー豊ラインです。
ジャリスコライトが朝日杯を勝ち、ナイアガラが衝撃のデビューを果たせば、この馬の産句がどんどん日本に輸入されそうですね。

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

三強以外馬診断

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


朝日FSは三強で決まってほしいのは山々だが一応他の馬も見てみましょう。

***朝日FS三強牙城崩し候補馬診断***
アポロノサトリ  牡2  [美浦]堀井雅広 
父:Cozzene母:Mississippi Queen母父:Dixieland Band
(戦績:3戦[2-1-0-0])
アポロサラブレッドクラブ
・・・芦毛の綺麗な馬です。デビューから安定した成績で勢いもある。チャンスは少ないかもしれないが、あることはある。デビューが逃げ切り、2戦目が好位から、3戦目が後方から。すべて違うパターンの勝ち方をしているのも強みか。しかも前走は上がり33.7と言う瞬発力を見せてくれた。このレースセンスと瞬発力で小回り中山は問題ない。父コジーンは朝日FSの覇者アドマイヤコジーンも出してますし・・2戦目でスーパーホーネットにクビ差負けているが、素質自体はこちらに感じる。小回り向きと言う面から三強の一角は崩せるかもしれないが勝ちきるのはどうか・・ただ、単純に格と言う面では三強にはかなり劣ると思われます。


ダイアモンドヘッド  牡2  [栗東]池江泰寿 
父:サンデーサイレンス母:ダンジグウィズウルヴス母父:Danzig (戦績:3戦[1-1-0-0])
前田幸治2
・・・我がPO馬アドマイヤキッスを新馬で破った憎き相手。デビュー早かったのにまだ2戦しかしてなかったんですね。前走はマルカシェンクの切れ味に屈したが根性で2着を確保。キャリア2戦目で3ヶ月の休養明けだったことを考慮すると力はあるんでしょうね。叩き2戦目で調教も走っている。成長もしてるだろうし好位に付けるセンスもある。人気のない時の豊も怖いし・・ただし中山は向いているだろうが、高速決着なったときの持ち時計が心配。でもたぶん馬券は買うと思います。


ダノンブリエ  牡2  [美浦]小島太 
父:Mister Baileys母:Silver Purse母父:Interrex
(戦績:1戦[1-0-0-0])
ダノックス
・・・阪神JFの時も言ったが、今回はこいつが抽選組み最大の惑星。なにより新馬でデットーリが大絶賛してたらしいです。能力は未知数だし、キャリアも浅い。父も日本で馴染みなく、母も初年度産駒。ほんまに未知数ですが、頼れる鞍上を確保出来れば穴として抑えておきたい。


ディープエアー  牡2  [栗東]池添兼雄  
父:タイキシャトル母:ハイパスチャー母父:El Gran Senor
(戦績:5戦[2-1-1-1])
深見富朗
・・・1200Mでは苦戦していたが、距離延長で一変している。札幌1800M戦の内容がなかなかに優秀で、タイムも徐々に詰める等、成長著しい。7日の追い切りは上がり重点で坂路4F54秒0-12秒4。「ホンマええわ。休養前とはトモが全然違う。グンと良くなって、出来も絶好調じゃないかな。1戦ごとに良くなってきた馬だが、この放牧で一段と成長してくれた。相手は強いが、楽しみはあるぞ」と池添師。絶好調ですよ、絶好調・・・
****************

三強以外でも魅力的な馬いますねぇ・・・今回はあっさり予想が決まると思ってたのにまた悩んできました・・一応、ここまでが自分の馬券候補です。次は枠順発表。そういえば今週末から競馬場やウインズで有馬記念の前売り入場券発売されますね。買った入場券、ディープコレクションとして取っておくのも良いですが、出来るだけ多くの人が行けるように買ったらなるべく行きましょう。入場者数レコードを塗り替えるために・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

目指せ!北米!

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


本日は海外競馬第2段、北米を取り上げます。

20051203223240.png20051203223535.png(北米)**日本競馬ファン支持率40㌫**
・・・アメリカでは84年にブリーダーズ(BC)シリーズが創設され、欧州からの遠征馬と毎年激しいレースが展開されるようになった。ダートがあまり開催されていない欧州に対してアメリカでは芝の大レース(BCターフ、アーリントン・ミリオン)が存在するところに好感が持てる。
 芝のBCターフは大方の予想通り、遠征の不利を差し引いても、欧州馬の活躍が目立つ。最近では米国馬の活躍も徐々に見え始めているが・・
ダートのBCクラシックは流石に米国の独壇場・・と思いきや00年、01年と連続して欧州の遠征馬がクビ、ハナ差の2着に入っている。93年にはフランス調教馬アルカングが欧州馬として初優勝を飾っている。米国馬が凱旋門賞で結果を残せてないわりには欧州馬はBCクラシックでも結果を残せている。ここが欧州馬優勢と言われる所以かもしれませんね。しかしここ近年は米国馬圧倒。
 一方の日本馬は59年と大昔にハクチカラがワシントンバースデーHに勝利。そして今年、シーザリオがアメリカンオークス圧勝。まだ、頂点を極めたとは言えないが明らかに結果を残し始めている。今後に期待したい。ちなみにダートではからっきし・・・

主要レース
■最強馬の称号が得られるレベル

・ BCクラシック(米GⅠ)ダ2000m 10月最後
・ BCターフ   (米GⅠ)芝2400m 10月最後

■勝てば世界で威張れるレベル

・ アーリントンミリオンS(米GⅠ)芝約2000m 8月始め
・ BC(米GⅠ ターフ&クラシック以外6R) 10月最後

■世界から見たジャパンカップレベル

・ カナダ国際S(カナダGⅠ)芝2400m 10月後半


*赤、青はワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップ対象レース


(感想)BCのクラシックとターフを同格にしているが、実質はクラシックが上だろう。クラシックはまさしくダートの世界王者決定戦ですね。凱旋門賞と同格。ターフを最上級に格付けしたのは1年の総決算で強力な出走馬が世界から揃う、と言うことと舞台がアメリカだから・・・芝のレースが欧州→日本→米国の順で栄えているなら、地元の利でレベルの低い米国馬と遠征の不利でレベルの高い欧州馬、日本馬の力関係がより近づく。BCターフこそが真の芝世界王者決定戦と言っても過言でないように思います。ちなみに2005年のターフの勝ち馬はシロッコ。ニューヨークの観測史上一番の降雨量を記録し時計の掛かる馬場になることは出走登録の段階で目に見えていた。それを見過ごさず、ドイツの重馬場で鍛えられたシロッコが追加登録料を払って見事に勝利した。ちなみに自分は昨年のBCクラシックの勝ち馬ゴーストザッパーが大好きです。実際レースを見たことはないんですが、5ハロンのレース(GⅠ)を6馬身差で圧勝したかと思えば10ハロンのBCをコースレコード。アメリカ版タケシバオーみたいな奴ですね・・もう引退してしまいましたが・・・
日本馬の挑戦はBCクラシックではタイキブリザードとパーソナルラッシュが共に6着に敗れてますね。ターフの方は知りませんが。アメリカンオークスでシーザリオが圧勝してましたけど、まだまだこれだけでは世界を制したとは言えません。日本で見れないのはかなり寂しいが、日本競馬の価値を高めるためにももっと積極的に海外遠征をしてほしいというのが自分の希望であります。地方競馬も盛り上げていかんとあきませんが・・

以上。次回は未定です・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

12月3・4日の2歳馬MVP

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


今日は今からお出かけ。だから早めの更新です。

2歳馬MVPの発表です・・・

***12月3・4日の2歳馬MVP***
ニルヴァーナ [栗東]池江泰郎
父:サンデーサイレンス母:ニキーヤ母父:ヌレイエフ
(阪神芝2000M13頭立て タイム2:05.1)
20051111234227.gif


■プロフィール
・・・2003/03/29追分ファーム生まれ。 「ニルヴァーナ」はサンスクリット語。仏教用語の「涅槃」、「悟りの境地」を意味するそうです。。全兄にフェブラリーS(G1)、ジャパンダートダービ(G1)、ダービーGP(G1)、東京大賞典(G1)、アンタレスS(G3)の ゴールドアリュール、全姉に中央3勝のオリエントチャームがいる。


■評価(ギャロップ参照)
・・・レースはスタートを決めて自然とハナに立ち、スローペースに持ち込む。直線では多少迫られたが、ひとムチでスっと加速し余力残しのV。新馬特有の平凡タイムは致し方ないが上がりも34.9秒とギリギリのA評価。 当日は多少時計が掛かっていたが・・・はっきり言ってこの一戦だけで真価の見極めは難しいが、血の裏付けや馬体のスケールから期待を込めた星★★★★です。でもやはり兄同様ダートが合った印象で芝で重賞制覇級は厳しいかもしれません。この阪神開催1週目の芝2000新馬戦は過去にアドマイヤジャパン、ブラックタイド、ファインモーション、アグネスタキオンがデビューした超出世レースだが今年はどうか。次走はラジオたんぱ杯2歳Sを予定しているようですが、血統的におそらく人気を集めることでしょう。しかしこの日の内容からは重賞で推するほどの数字を残しておらず、危険な人気馬になりそうな気がします。


■先週の感想
・・・注目は未勝利勝ちのマイネルスケルツィ。新馬、未勝利で藤沢厩舎のジャリスコライト・マチカネゲンジに惜敗し、やっとこさの勝利。タイムは平凡ですが全く危なげなく大楽勝。今後の注目株です。もう一頭はサクラオールイン。こちらも未勝利勝ち。久々でやや集中力を欠くも、エンジンが掛かってからの脚は強烈だった。期待のサンデー産駒だけに無視はできないでしょう。
さて、来週の新馬は超豪華。阪神からはエンドスウィープ産駒でストーミーカフェの半弟パワーコレクター、調教でラスト1ハロンを10秒台でまとめ上げたマチカネタマカズラ、中山からは3億3千万円のフサイチジャンク、マイルCS等を制したゼンノエルシドの半弟フェラーリワン等々、出世レースのエリカ賞もあるし、GⅠもあるし、今週で2歳馬の勢力図が一変する可能性も大いにあり得ます。マジで今週は熱いです・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

三強診断

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


朝日杯は間違いなく三強。他に伏兵は存在するだろうがまずはこいつらを診断しなければ話になりません。

***朝日FS三強診断***
ジャリスコライト  牡2  [美浦]藤沢和雄 [騎手]デサーモ
父:Fantastic Light母:Chancey Squaw母父:Chief's Crown
(戦績:2戦[2-0-0-0])
吉田和美

・・・父は欧州と米国の芝でトップに輝いた怪物君。母は国内外でGⅠ6勝のアグネスデジタルを産んだ名牝。そんな世界的良血馬の中から生まれたのがジャリスコライト。新馬戦は有力馬マイネルスケルツィを差しきり勝ち。その頃から徐々に評判になっていった馬だが、圧巻はいちょうS。2回の不利を物ともせず最後は2馬身半差の圧勝。上がりは33.3秒。レースの上がり3ハロンは11.3-11.2-11.3。この馬自身の上がり2ハロンは10秒台を刻んでいるのは明らか。もし不利がなかったら・・・あの掛かりの早いエンジンから中山でも走れるのは明白で、問題は道中のペースが速くなった時の対応力。シェルゲームよりかは断然上と思っていますが・・・


フサイチリシャール  牡2  [栗東]松田国英 [騎手]福永祐一
父:クロフネ母:フサイチエアデール母父:サンデーサイレンス
(戦績:4戦[3-0-0-1]) 
20051115150806.gif

・・・これまた良血。厩舎ゆかりの血統。クロフネを彷彿とさせるトビの大きなフォームとスピードの持続力で楽~に重賞を制した。レコードのおまけ付きで・・牧場でも怪我をしたことなく、調教を休んだ事もない丈夫な面は母に似た。松田国調教師曰く「今度は短い距離を使っている馬が出てくるので、控える競馬になるかもしれませんが、これまでのレース振りから問題ない。スピードは通用すると思うし、中山も合う。」とのこと。控えるとは信じ難いが、この馬が出走する限りスローはないでしょう。控えるにしても早め先頭で押し切る競馬が理想であると思います。父のように・・・一回でいいからダートで見たい。


ショウナンタキオン  牡2  [美浦]上原博之 [騎手]田中勝春
父:アグネスタキオン母:ショウナンマイラヴ母父:トニービン
(戦績:2戦[2-0-0-0]) 
国本哲秀

・・・絶好調、タキオン産駒の出世頭候補。特に新潟2歳Sでは重馬場でありながら新潟の長い直線を生かして最後方からごぼう抜き。5馬身差の圧勝。上がり時計は2位のニシノフジムスメと1.4秒差の33.9秒。かなり派手なパフォーマンスを見せつけたが、2戦を見る限り、器用なタイプではなく中山マイルは少し忙しすぎる。アグネスタキオン産駒と言うより母父であるトニービン産駒と思った方が良さそうです。カッチーこと田中勝春に13年振りのGⅠをプレゼントしてあげるのはこの舞台ではない!とふんでいます。休み明けもあるし・・・。
****************************

なんか、タキオン、クロフネ、ジャンポケの史上最強世代と被ります。

タキオン=ジャリスコ=正攻法で勝ちます。

クロフネ=リシャール=スピード持続力(親子)

ジャンポケ=ショウタキ=左回り限定(父:母父:トニービン)

どこまでこの図式が続くかは解りませんが今は2歳牡馬、熱いです・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

目指せ!欧州!

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


今世界で最もレベルが高いのは欧州、アメリカ合衆国と言われているが、欧州は芝中心、一方のアメリカはダートが主流。芝の最強馬は欧州から、ダートの最強馬は米国からと言っておけばいい状態であったが、近年は競馬の世界でもグローバル化が進み、どの地域からでも芝・ダート問わず、最強馬が出てきてもおかしくない状態になった。そして日本でもグローバル化が進み、多くの日本馬が海外で活躍し始めている。このまま順調に行けば三冠馬ディープインパクトも期間の長短は解らないが、間違いなく海外に挑戦する日がくるだろう。カネヒキリなんか既に来年、欧州の芝GⅠ目指す事公表してるみたいやし・・・
 そこで今日は世界の二大競馬に日本を加え、どのレース、どの地域で勝てば世界最強に近づけるのかサラブレを参照に検証していくことにする。

20051203221536.png
(欧州)**日本競馬ファン支持率50㌫**
・・・やはり欧州が№1。日本では最近ダート路線も盛り上がってきたが、やはり主流は芝。となれば日本人アンケートで50㌫を占めるのもうなずける。ダートが主流の米国では明らかに勝手が違うが、それでも過去に凱旋門賞に挑戦した馬は存在する。しかし、結果は散々たるもの。やはり、アメリカの純粋ダート血統の馬が欧州GⅠを制するのは不可能に近いのか。
 これに対して、芝が主流の日本馬は欧州GⅠで予想以上の健闘を見せている。初めての勝利はモーリスゲスト賞(仏GⅠ)を制したシーキングザパール。その7日後にタイキシャトルがジャックルマロワ賞を制した。99年の凱旋門賞でも日本のエルコンドルパサーがモンジューの2着と大健闘。まだ、日本馬は欧州の頂点には立っていないが、近いうちにその日が来るだろうと信じております。


欧州の主要レース
■最強馬の称号が得られるレベル

・ 凱旋門賞(仏GⅠ)芝2400m 10月初旬

■勝てば世界で威張れるレベル

・ KジョージⅣ世&QエリザベスダイアモンドS(英GⅠ)
 芝約2400m 7月後半
・ アイリッシュチャンピオンステークス(愛GⅠ)
 芝2000m 9月初旬
・ バーデン大賞(独GⅠ)
 芝2400m 9月初旬

■世界から見たジャパンカップレベル

・ サセックスS(英)・ ジャックルマロワ賞(仏)
・ エクリプスS(英)・ インタ-ナショナルS(英)
・ ヴェルメイユ賞(仏)・ チャンピオンS(英)



*レースの選定は何処の国の3歳以上の牡牝馬が出走できること。
尚、赤、青文字はワールドシリーズレーシングチャンピオンシップ対象レース

(感想)
・・・あまり詳しくありませんので、詳細は解りませんが基本的に英国、仏国、愛国が中心です。その後に独国、伊国と続きます。
やはり注目は、ヨーロッパのみならず世界中のホースマンが英国ダービー、ケンタッキーダービー(共に3歳限定)と並び憧れ、勝利を目標とする世界最高峰の競走の1つである凱旋門賞。ヨーロッパ各国の中距離芝最強馬決定戦で、出走メンバーのレベルも非常に高い。ただ、斤量は3歳牡馬は56キロ、3歳牝馬は54.5キロ、4歳以上の牡馬は59.5キロ、4歳以上の牝馬は58キロと定められており、圧倒的に3歳馬有利。過去10年で9頭の優勝馬が出ている。ディープが出てたら・・・。、
少し競馬を知っている者ならば歴代優勝馬を探っていくと聞いたことある名前が続々と出てくる。モンジュー、エリシオ、ラムタラ、トニービン、ダンシングブレーヴ等々・・尚、日本馬の挑戦はスピードシンボリ、メジロムサシ、シリウスシンボリ、エルコンドルパサー、マンハッタンカフェ、タップダンスシチーが挑戦したが結果はモンジューの2着だったエルコンドルパサーが最高で他は惨敗2桁着順に終わっている。
「勝てば世界で威張れるレベル」の中で大将格はあくまでKジョージだが、その他の2Rも時期的に凱旋門賞のステップレースになりやすく強力なメンバーが集まります。
ところでドバイWC経由で欧州芝GⅠを目指すカネヒキリは何処を目指すんやろうか。この中にあるのかなぁ・・・。

次回の海外競馬特集は米国でいきます・・・

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

朝日杯FS特別登録馬

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!


第57回朝日杯FS(GI) 中山芝1600M
特別登録馬
フサイチリシャール牡255.0デンシャミチ牡255.0
ショウナンタキオン牡255.0ディープエアー牡255.0
フェイクフェイス牡255.0ジャリスコライト牡255.0
ダイアモンドヘッド牡255.0アポロノサトリ牡255.0
エイシンダンベリー牡255.0エムエスワールド牡255.0
スーパーホーネット牡255.0フィールドカイザー牡255.0
ユーワハリケーン牡255.0レソナル牡255.0
モエレフェンリル牡255.0
以下5頭は抽選対象(1/5)
コマノルカン牡255.0スロウハイネス牡255.0
タニオブゴールド牡255.0ダンノブリエ牡255.0
ワンダールビアノ牡255.0

いやー、きましたね~。2歳王者決定戦が・・最近では関西のラジオたんぱ杯2歳Sの方が勝つ価値が高いような雰囲気であったが、今年はマルカシェンクの戦線離脱もありこちらの方がおもしろいかも。馬券的ではなくて競馬的に・・・おそらく人気は3強に集まると思われますが、まずはデータから探っていこう。

コースの特徴
・・・中山マイルは1コーナー奥のポケットからスタート、外回りコースを使用する。2コーナーまでの距離は239.8m。スタートしてから間もなく2コーナーを回るので前に行きたい逃げ、先行馬の外枠は距離損の覚悟。脚質では先行、差し馬が狙いとなるが、逃げ馬の前残りにも要注意。

人気配当順から
1番人気【4411】連対率80㌫
2番人気【2314】連対率50㌫
3番人気【0118】連対率10㌫
4番人気【2035】連対率20㌫
*データは平成7年以降
・・・1番人気馬は去年のペールギュントは3着と8年振りに連を外したが、それでも連対率は80㌫とかなり信頼が置ける。2番人気も信頼できるが、1、2番人気の決着は過去10年で3回と意外に少ない。

脚質から
逃げ【030 9】連対率25㌫
先行【745 19】連対率32㌫
差し【331 55】連対率10㌫
追込【004 39】連対率 0㌫
・・・圧倒的に先行馬有利。過去10年の勝ち馬の内9頭が4コーナーで6番手以内につけており、勝負所で先団にとりつく器用さが必要と言える。逃げ馬は過去10年勝利はないが、去年もストーミーカフェが連対しており2着が3回。軽視はできません。

気になったGallopデータはこれぐらいかな・・・次は当てにならない有力馬診断を行います!

人気ブログランキング読んだ後にワンクリックがトレンドです。。

阪神JF等回顧

人気ブログランキング読む前にココをポチッとワンクリックお願いします!



仕事が忙しくてまったくレース見れませんでした。。。テイエムプリキュラですか・・・。自分の馬診断を見返したら

2戦2勝と底を見せていないが、印象は薄い。前走のかえで賞は直線差し返しての勝利で勝負根性は持ち合わせているのだろうが、斬れる印象はなくGⅠの舞台で勝ち負けは正直厳しいと思います。

と書かれていた。本番でも斬れる印象はなかったらしいが、GⅠの舞台での勝ち負けでも全然通用してました。。。

シークレットコードは・・
能力的には間違いなく上位の器だが、阪神マイルは忙しすぎる。考えたら関西馬でデビュー戦東京遠征は何だったんでしょうか。この馬の適正を考えてと言うことなら何故に阪神JF・・・来たらそれこそ本物ですが、私は買いません。

との事。上位の器は正解したが、阪神マイルが忙しすぎる?私は買いません?俺、アホか・・・。日刊スポーツの記事で
並べば負けない自信があった。4コーナーをすぎて、すかさずパンドラと馬体を併せたのはそのためだった。14年前の91年、14番人気のダイユウサクで有馬記念を制して以来のG1勝ちだ。「ダイユウサク以来? もう忘れかけてたんで本当にうれしい」。自身3度目のG1制覇も8番人気の低評価。穴男が本領を発揮した。開業12年目の五十嵐師は、重賞初勝利がG1制覇という快挙を達成。「どう表現していいのか分からないよ」と、顔をくしゃくしゃにして笑った。

 普段のプリキュアは、周囲の馬が暴れても意に介さないほどおっとりしている。五十嵐厩舎はディープインパクトがいる池江泰郎厩舎の2つ隣。池江厩舎付近にカメラマンが押し寄せていた時期も、暴れるどころか首を伸ばしてその風景をジーッと見ていた。そんなのんびりした馬だが、レースではガラリ一変。「前に馬がいると抜こうとする。勝負強さを生かせた」。戦歴2戦2勝コンビの息は、ぴったりだった。

こういう勝負強い馬嫌いじゃありません。ディープインパクトがいる2つ隣の池江泰郎厩舎にカメラマンが押し寄せる様子をジーっと見ていたのんびり屋さん。しかしレースでは底知れない勝負根性・・・なんて愛着湧く馬なんですか!無敗でガツガツ勝っていくタイプではないと思うが、ちょっと応援してみよかな・・・。

そして同じ日の6R新馬で有力サンデー産駒勝ってましたね。時計は新馬特有の超スローで、上がりも微妙。しかし・・

サンデー産駒+池江+豊-金子+社台

期待しときましょう。。

| TOP | NEXT >>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。